製造業におけるIot活用のメリットとは? 製造業におけるIotに関する製品一覧

製造業におけるIot活用のメリットとは? 製造業におけるIotに関する製品一覧
IoTは「Internet of Things」の頭文字をとった言葉で、様々なモノやデバイスがインターネットに接続された状態を意味します。近年、働き方改革により、企業が、モノや設備をインターネットに接続することで業務の効率化を図ろうとする動きが見られ、産業におけるIoTが躍進を遂げています。特に製造業においては、IoT導入が他業種よりも進んでいます。この記事では、製造業におけるIoT導入のメリットと、その手順を解説します。

IoTの浸透

IoTは「Internet of Things」の頭文字をとった言葉で、様々なモノやデバイスがインターネットに接続した状態を意味するものです。これまではインターネットと言えばパソコンやスマートフォンでの接続がイメージされるものでしたが、インターネット接続の技術が発展したことにより、身近にあるモノをインターネットに接続できるようになり、そのことでこれまで実現できなかったようなことができるようになりました。

例えば、家の中にある家電製品をインターネットに接続することによって、外出中も遠隔操作をして部屋を事前に暖めておくことも可能です。このように、IoTが浸透することによって、より便利で、より快適な生活が実現しやすくなります。

製造業とIoT技術の関係性

IoTは一般ユーザー向けにのみ留まらず、産業向けとしての活用も浸透しつつあります。近年では「働き方改革」や「デジタルトランスフォーメーション(DX)」など、働き方を根本的に見直す動きが推進されている傾向にあり、その傾向とIoTの技術は相性がとても良いと言えます。というのも、企業が保有しているモノや設備をインターネットに接続することによって、人の働きを他のモノに代替させたり、今行われている業務を効率化することができるようになるからです。

特に製造業においてIoTを導入する動きは他業種よりも進んでおり、IoT技術の活用によって製造現場の生産効率を見直す企業が増えています。

製造業にIoTを導入するメリット

製造業にIoTを活用するメリットは様々なものがありますが、ここでは4つのメリットをご紹介します。

製造業にIoTを導入するメリット

生産性の向上

IoT活用の基本はデータ収集にあります。例えば、製造ラインにセンサを取り付けてインターネットを接続することによって、生産に関わるあらゆるデータを収集することができるようになります。そして、収集されたデータを分析することによって、より効率的な機械の稼働状態を実現することが可能となります。

また、機械の稼働状況だけでなく、作業者の動きにまつわるデータも収集することが可能となるため、業務改善に向けた作業者の動きを改善する施策を打ち出すことも可能です。

品質の向上

製造業における品質検査は、人が目視で行うのが一般的でしたが、IoT技術の浸透により機械が自動で品質をチェックする環境を構築しやすくなりました。また、近年ではAI(人工知能)の活用を絡めた検査装置も登場しており、それらを活用することでより精度の高い品質検査が実施できるようになります。

機械トラブルの事前防止

機械設備からデータを収集することによって、稼働状態の乱れを事前に把握することが可能となります。機械が正常な動きを保つには作動音・作動速度・室内温度など様々な要素が絡んでいますが、データ収集はそれらの要素を可視化できるようにするため、管理者に設備の異常な状態を察知しやすくします。結果的に設備のメンテナンス費を抑えることに繋がるため、製造現場全体の生産量を増加することができるようになります。

新サービスの価値創出

IoTの技術を導入してデータ収集を行い製造現場の最適化を図るのは、一般的なIoT活用と言えます。しかし、IoTの本来の価値はその先にあり、収集したデータを基に新たな価値創造を行うことができるようになるのが理想です。製造現場の状態を可視化することによって、工場が持っている強みを新しい視点から見直すことが可能となるため、これまでにはない発想で新しいサービスや製品を生み出すことに繋がります。

製造業でIoTを導入する手順

IoTを産業向けに活用する際は、3つの手順を踏む必要があります。

製造業でIoTを導入する手順

見える化する

まずは製造現場のデータを収集・分析して、「見える化」する必要があります。データを収集することによって、前述したように設備のトラブルを事前に防ぐことができたり、機械設備の最適な稼働状態を把握することができるようになります。また、収集したデータをAI(人工知能)によって分析させることで、人が行う属人的な工場経営とは異なる経営方針を創出することが可能です。

機械・システムの制御

「見える化」したことによって可視化された課題点や工場の弱点を改善するため、機械やシステムを制御する必要があります。例えば、工場環境を改善するために温度調整を自動で操作できるようにシステムを制御することで、エネルギーの無駄をカットすることができるようになります。

自動化

課題点を機械・システムの制御によって改善した後は、その改善サイクルを自動化することが理想と言えます。人による判断は属人化を避けることができないため、どうしてもムダやムラが発生しやすくなりますが、改善のサイクルをAIによって自動化することで最適な製造現場を常に維持することが可能です。

まとめ

IoTの技術を製造現場に導入することで、より生産性の高い工場へと近づけることが可能となります。日本の製造業におけるIoT活用はまだ世界と比べて浸透しているとは言えない状況にありますが、逆説的に考えると今国内でIoTの導入を進めることは競合他社から一歩リードすることを意味します。

これからますます浸透・発展していくIoT技術の活用に向けて、まずは自社の工場で解決したい課題点を洗い出し、その課題点とIoTとの親和性を検討してみるところから始めてみるのはいかがでしょうか。

製造業におけるIotに関する製品一覧

株式会社デンソーウェーブ

デンソーウェーブ IoT製品

製品画像

工場のカイゼンを継続して行うには、さまざまな設備やアプリケーションを”つなぎ”、拡張・展開が可能なIoTシステムを構築することが必要不可欠です。
デンソーウェーブのIoT製品が提供する、1000種以上の機器 (250種以上のプロトコル対応) との接続性と、データの収集・加工・保存・通知・公開に特化したデータ管理機能で、継続的なカイゼンに追従できる「真のIoT」システムを実現します。

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー

この記事に関連するオンライン展示会