株式会社ジャロック

株式会社ジャロック

-倉庫をデザインする会社‐

株式会社ジャロックは1963年の創業以来、物流の側面に関する改善提案を行うことで日本の製造業の生産効率アップ、コスト競争力強化に貢献してきました。
例えば日本を代表する自動車メーカーからは増え続ける補給部品の効率的管理の依頼を受ける等、常に製造現場や物流現場への改善提案に努め、お客様と共に歩んで参りました。

近年の「大ロット・大量生産」の「生産物流」が主流の時代から「多品種・小ロット保管」で迅速な荷捌きと出荷が求められる「消費物流」の時代への変化に対応するため、倉庫の空間効率・作業効率を大幅にアップする物流ソリューションが求められるようになりました。

又、少子高齢化による現場の人手不足が叫ばれる中、時代のニーズにマッチした機器を利用したソリューションによって、倉庫をデザインしてオペレーションに変革をもたらす事が必要となってきました。我々ジャロックも、空間と作業効率を最大限にまで高める現場ソリューションを提供していく企業として御客様のご要望にお応えしていきます。

出展団体情報

出展団体名株式会社ジャロック
所在地164-0011 東京都 中野区中央2-59-18
設立年月1974年11月
従業員規模11名-50名
URLhttps://www.jaroc.com/

株式会社ジャロックの製品一覧

株式会社ジャロック

自律走行協働ロボット「Syrius」

製品画像

自律走行協働ロボットの導入でピッキングオペレーションを効率化

ピッキング作業は目的の商品が保管された棚まで移動する「歩行時間」と「商品を棚から探す時間」、そして「取り出し時間」の3工程に分かれています。

ジャロックが提案するAMR・Syriusによるソリューションはピッキング作業時間の中で約60%を占める「歩行時間」をロボットが代替し、人間の方が得意な「商品を棚から探す時間」と「取り出し時間」は導入後も従来どおり人間が担当します。
Syriusが保管棚を巡り、人間は自分が担当するゾーンで到着したSyriusのパネルに表示された商品を棚から取り出し積載されているコンテナに入れます。
小物の場合は複数のコンテナを積載してのマルチピッキングも可能です。商品のピックアップが済んだら、Syriusは次の保管棚へ向かい、すべての商品が揃った後梱包エリアに向かいます。

従来物流倉庫自動化ソリューションには大幅な効率改善が見込める一方で、大規模な設備工事やシステムの総入れ替え等大きな投資が必要で、また一度導入すると変更が難しいものでした。
Syriusは自律稼働するAMRのため、工事やシステム入替を必要としません。
導入時に必要なのはSyrius側に既存のシステムを連携させる作業と、導入エリアのマッピングの2つだけです。マッピングもSyriusを連れて物流センター内を一巡するだけで完了するため手間も時間もかかりません。

また、数台規模の導入でも効率改善を検証できるため、低コストでトライアル導入して効果を検証することもできます。

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー