産業向けIoT活用事例とは? 産業向けIoTに関する製品一覧

産業向けIoT活用事例とは?  産業向けIoTに関する製品一覧
IoTとは、Internet of Thingsから頭文字をとった言葉であり、身の回りの様々なモノやデバイスがインターネットに接続されている状態・仕組みを意味します。例えば、家電製品をインターネットに接続することで、外出先から遠隔操作をするといった、これまでにない可能性を広げます。近年では、IoTの産業における導入が注目されています。この記事では、製造業、物流業、医療、農業のそれぞれの分野において、IoTの活用事例を見ていきます。

IoTの概要

IoTとは、Internet of Thingsから頭文字をとった言葉であり、身の回りの様々なモノやデバイスがインターネットに接続している状態・仕組みを意味します。一般的にインターネットの接続と言うと、PCやスマートフォンでの利用をイメージされることが多いかと思いますが、IoTはもっと広範囲の活用を期待できる技術です。例えば、家の中にある家電製品をインターネットに接続することで、外出中も遠隔から操作をすることが可能となります。このように、モノとインターネットを常時接続することによって、これまでにないモノの活用を期待できるようになります。

IoTの概要

産業向けIoTに期待できること

近年では、一般ユーザーによるIoTの活用に留まらず、企業が産業活動を行う上でもIoTを導入するケースが増えてきています。特に働き方改革やDXなど「効率化の推進」が求められるようになってからは、IoT導入の傾向が加速した印象があります。

IoTの技術を用いて企業が保有する様々なモノにインターネットを接続することによって、これまでには実現できなかったことが実現できるようになります。例えば、製造現場の機械設備や建造物のカメラにセンサを取り付けることで、機械や人にまつわる様々なデータを収集することができるようになり、機械設備の安定的な稼働条件を洗い出すことができたり、従業員の業務改善に向けた具体的な策を講じることができるようになります。

つまり、主観的な経営ではなく、データドリブンによる客観的な経営判断ができるようになるメリットをIoTはもたらしてくれます。

IoTの活用事例

IoTの活用事例

製造業

製造業においては機械設備や機器にインターネットを接続することで、それらを一元管理できるようになります。設備の稼働状況をリアルタイムでモニタリングできるため、何か異常や故障が発生した際にアラートを出して早急に対応することが可能です。

また、設備にセンサを取り付けて様々なデータを収集することによって、理想的な稼働状態を分析することができるため、より最適な生産効率を実現するために改善策を講じられるようになります。

物流業

IoTを活用をすることで、例えばロボットなどにピッキング作業を任せることができるようになります。人に負担のかかる重量の大きい物を代わりに運ばせることができるようになるのはもちろん、無駄のない最適なルートで素早くかつ正確に作業を行わせることができるため、倉庫内での作業効率が大幅に向上されます。

また、近年ではドローンの活用や無人搬送車の発展など、物流革命(ロジスティック4.0)と呼ばれる物流のDX化が促進している傾向にあります。

医療

医療においても機器やデバイス、あるいは人とネットを接続するメリットは様々なものがあります。例えば、患者の腕にウェアラブル端末を付けることによって正体データを収集することができるようになり、疾患の早期発見に繋がる効果を期待できます。

また、年配者や都会から隔離された地方へ住む人々に向けたサービスとして、「リモート診療」を提供している医療機関も増えてきています。

農業

農作物を育てるうえでは土壌の管理や気候・気温など、気にかけるべき要素は数多くあります。これまではある意味それぞれの農家のカンのようなものに頼らざるを得ない現状がありましたが、IoTを活用して農作物が育つ環境下をデータ化・数値化して可視化することができるようになったため、より効率的な農作物の管理を実現することが可能となりました。

また、人に代替して自動で農作業を行う農業機械も登場してきており、熟練者の技術を機械によって代替できる流れが促進しています。

企業の効率化に貢献できるIoT活用を検討してみませんか?

IoTの大きな特徴・メリットとして、業種や業態に縛られない点が挙げられます。その特徴を持つがゆえ、IoTは一般ユーザーを超えて産業向けとしても活用される傾向が進んでいます。

企業が既に保有しているモノや技術に対してIoTを活用することで効率的な生産現場を実現しやすくなるため、企業のムダを可視化して排除していきたいと考えている企業にとってIoTは非常に向いているソリューションです。

ぜひ、一度、今抱えている課題感と照らし合わせながらIoT導入についてご検討してみてはいかがでしょうか。

産業向けIoTに関する製品一覧

株式会社インフォコーパス

SensorCorpus

製品画像

SensorCorpusは、誰でも簡単に本格的なIoTサービスを利用できることをコンセプトに、業種や目的に関係なく小規模から誰でも簡単にセンサー情報を収集・蓄積・活用できるユニバーサルなIoTプラットフォームです。

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー

日鉄ソリューションズ株式会社

安全管理ソリューション「安全見守りくん」

製品画像

安全見守りくんは、ウェアラブルデバイスの活用により現場作業員のバイタル情報や位置動態情報をモニタリングして熱中症の予兆や転倒・転落等の事故発生を検知する、現場作業員の安全・安心をITで実現するシステムです。

安全見守りくんにより、仮想的な二人作業を実現し、作業者が「どこで」「どんな状態で」「どんな作業をしているか」を見守ることができます。

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー

日本システムウエア株式会社

産業用スマートグラス Realwear(リアルウエア)

製品画像

足場のおぼつかない高所などの作業現場でも、正確さを求められる品質管理の現場でも。

産業用スマートグラスRealWearがあれば、もう作業中に手袋を外してカメラやタブレットを操作する必要もなければ、マニュアルの確認不足によるミスや再作業を恐れることもありません。

高度な音声制御機能を搭載したRealWearは、頭部に装着して音声のみで操作するウェアラブルデバイスです。装着したら、ボタン操作も、タッチもジェスチャーも不要。手を使わずに声のみで、見る、聞く、話す、調べる、写真/動画の撮影・共有などの操作を可能にします。

ヘルメットや安全帽にぴったりフィットし、眼鏡やゴーグルとの併用もスマート。更に、2mの高さから落としても大丈夫な頑丈なデバイスです。さらにアプリケーションを活用することで、リモートからの作業指示やIoTデータの表示なども可能となり、現場の作業効率の飛躍的な向上を実現します。

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー

株式会社WDS

IoT-Pi for LTE-M

製品画像

『IoT-Pi』は、IoT実験を安価に、簡単におこなうことができるモジュールです。
Raspberry Piと組み合わせて利用することで、開発の幅を広げます。
本体ボードには各種センサーに対応するポートが取り付け済みで、モバイルバッテリーから電源供給が可能なため、ハードウェア開発経験が乏しい人でも扱いやすい製品です。
費用が高額になりがちなIoT製品開発の開発コストを抑えることができます。


詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー

株式会社アイランドシックス

リアルタイムロケーションシステム AeroScout(エアロスカウト)

製品画像

エアロスカウトは、Wi-Fiインフラを活用してリアルタイムにヒトやモノの位置や状態を正確かつ自動的に検知・把握することができるシステムです。
従業員やビジターの所在・安全を把握・確保し、重要な資産の管理もできる、安全性と効率性を高めるための最適化ツールをご提供します。
【特長】
■世界各国で数千の導入実績
■エンタープライズグレードのオープンRTLS・IoTプラットフォーム
■幅広い用途に適用可能なアプリケーション

【AeroScout(エアロスカウト)製品紹介ページ】
https://aeroscout.jp/

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー

この記事に関連するオンライン展示会