物流システムの役割と種類とは? 物流工程を効率化を実現

物流システムの役割と種類とは? 物流工程を効率化を実現
物流は「物的流通」を略した言葉であり、商品を工場から顧客へ届けるまでの工程を指します。この記事では物流工程を効率化を実現する物流システムの役割と種類を解説しています。

物流システムとは?

物流は「物的流通」を略した言葉であり、商品を工場から顧客へ届けるまでの工程を指します。

そして、物流における基本的な工程要素である輸送・保管・荷役・放送・流通加工の5つを効率的に管理するのが物流システムです。物流システムを活用し、部品・資材の取引業者、生産拠点、工場、倉庫、納入先等を一括で管理することで、在庫・出入庫管理・配送管理の効率化を実現します。

物流システムの種類

物流システムは物流工程に関わる様々な業務をカバーできる機能を有しています。
また、それぞれの工程に特化した専門的なシステムもあるため、自社が求める機能を有しているかを事前に確認しておく必要があります。

倉庫管理システム

倉庫管理システムは英語でWMS(Warehouse Management System)と呼ばれるシステムであり、商品や部品・資材を管理するのに活用がされるものです。倉庫内における入出荷・保管管理を担うことで、自社倉庫から納入先までの配送をスムーズかつスピーディーに実現します。

在庫管理システム

在庫管理システムは倉庫管理システムの中に包括されるシステムであり、中でも倉庫内の商品在庫の管理に特化したシステムです。

入出庫業務、受発注業務、配送業務の情報を一括で管理することができるため、常に最適な在庫状態を維持し、在庫切れ等のリスクを避けることが可能です。

配送管理システム

配送管理システム(TMS)は、配送計画から配送完了までのプロセスを一括して管理するシステムです。

配送に用いられるトラック等の移動情報を管理し、配送に伴うコストを管理します。また、単一のシステムとして活用されるのではなく、倉庫・在庫管理システムと連携することで、配送業務の効率化を実現します。

運行管理システム

運行管理システムは配送管理システムと共通性があるシステムであり、ドライバーの運行状態をリアルタイムで管理することができるシステムです。
運行の計画からドライバーのシフト管理までを一括で管理します。

貨物追跡システム

貨物追跡システムは、配送途中にある状況を顧客がリアルタイムで把握することができるシステムです。

予定通りの物流プロセスが進行されているかを可視化・共有することによって、顧客の満足度を向上することができます。

ピッキングシステム

ピッキングシステムは、受注した配送製品が倉庫内のどこにあるかを教えてくれるシステムです。

バーコードから情報を読み取るハンディターミナルを活用した商品管理が主流となっています。

EDI

EDIは、Electronic Data Interchangeの略称で、プロトコルにもとづいて企業間の商取引情報を交換するものを指します。
取引先との連携を容易に実現することができるシステムです。

物流システムを導入するメリット

物流システムを導入することで、物流工程にまつわる業務やコスト管理・品質管理に様々なメリットをもたらします。

物流業務の可視化

物流システムを導入することで、これまで人が行ってきた様々な業務をシステマチックなものへ置き換えることが可能となるため、業務をスピーディーかつ正確に遂行することができラットフォームなります。

また、属人的な状態から脱し、データとして共有・可視化されることによって、業務プロセスの改善に着手しやすくなります。

コスト削減

前述した業務の効率化を実現することによって、生産性が向上し、ひいてはコストの削減にも繋げることができます。

また、システムを活用することで属人的な業務を共有・可視化することで、社員教育のコストも削減することが可能です。

サービス品質の向上

物流システムを活用すると、在庫や配送状況をリアルタイムで管理することができるようになるため、顧客からの問い合わせにスピーディーに対応することが可能です。

また、少量かつ多種類のような顧客からのニーズにも対応がしやすくなるため、顧客の満足度を向上させます。

まとめ

物流システムは様々な機能を有していますが、それらを有効的に活用できなければ導入の意味がありません。

また、中には各機能を専門的に特化したタイプのシステムもあるため、自社の物流業務における課題感を洗い出し、その課題へ貢献できるシステムの導入を検討する必要があります。