オフィスや工場の清掃を代替する「清掃ロボット」とは? 

オフィスや工場の清掃を代替する「清掃ロボット」とは? 
清掃ロボットとは、人に代わり、清掃業務してくれるロボットの総称です。単に労働力として期待できるだけでなく、人による清掃が困難な場所での運用も可能です。また、自律走行型も多く、上手く活用することで、清掃業務の完全自動化が実現できます。この記事では、最新のAI搭載清掃ロボットの特徴的な機能と、その活用事例を紹介します。

清掃の作業を人に代わって代替する「清掃ロボット」

清掃ロボットは、人の清掃業務を代替してくれるロボットです。また、単に人の代わりの労働力として期待できるだけでなく、導入するロボットの性質・機能によっては人による清掃が困難な場所の清掃を任せることができるようになります。

清掃ロボットには自律走行型のものが多く、ロボットを上手く活用することができれば、清掃業務の完全自動化を実現できます。

清掃ロボットの特徴的な機能

近年の清掃ロボットの発展は目覚ましく、AIを搭載した自立型のロボットも珍しくありません。

ここでは、清掃ロボットの特徴的な機能として、「自律移動」「自動充電」「フロア・工場地図の自動更新」の3つをご紹介します。

清掃ロボットの特徴的な機能

自律移動

清掃ロボットの最も大きな特徴は「自律移動」「自律走行」ができる点にあります。つまり、決められたルートを移動しながら着実に清掃を進めていくため【清掃業務の自動化】を実現することができます。また、人が清掃を行う際と同様に障害物を避けることができる特徴を持ちます。

自動充電

清掃が完了した後は決められたステーションに自動で帰還し、自ら充電を行うことができます。また、清掃を行うフロアの広さ等の兼ね合いで、途中で電力が低下した場合なども、帰還できる余地を残した段階でステーションまで自動で戻ることができます。

最新のロボットであれば、回収したゴミの吐き出しまでを行わせることもできるため、清掃から片付け、充電までの一定の業務を全自動化で代替することができます。

フロア・工場地図の自動更新

工場の製造ラインのレイアウト変更や、オフィスフロアの内装の変更など、清掃を行う敷地の状態が変更されるケースはよくあります。そのような場合においても、最新の清掃ロボットであれば、AI機能によって敷地地図のレイアウトを自動で更新してくれます。

従来であればリモコン等を操作して手動でロボットに地図を覚え込ませるのが主流ですが、AIの目覚ましい発展によって、自律型ロボットの進化がますます期待できるようになっています。

清掃ロボットの活用事例

清掃ロボットの活用事例

屋内清掃

清掃ロボットの活用事例として最も一般的なのが、工場やオフィスフロアなどの屋内の清掃業務代替です。前述した自律走行の機能によって人が行う清掃業務を自動化することができます。

特に効果を発揮するのが、広大なスペースを有する屋内環境における清掃業務です。膨大な人員や時間をかける必要がある環境下においては、人が清掃を行うよりもロボットに任せる方がコストカットを実現できるケースがあります。

屋外清掃

清掃ロボットは、屋内だけでなく屋外の清掃にも活用することができます。屋外の場合は屋内と比較して障害物や範囲エリアに注意する必要性が高まりますが、前述した障害物の回避機能や地図の自動更新機能などが役立ちます。

床洗浄

清掃ロボットを掃除機的な役割として代替する場合もあれば、床洗浄の役割を担わせることも可能です。特に商業施設などのハードフロアの床洗浄は手がかかりますが、ロボットを導入することで開店前の清掃業務を効率的かつ計画的に進めることができます。

業務用の清掃ロボットを導入してオフィスや工場の清掃業務を自動化しませんか?

清掃ロボットをオフィスや工場に導入することで、これまで人が行ってきた清掃業務を機械に代替することができます。特に清掃業務を外部に委託しているのではなく、自社で賄っているようなケースであれば、清掃ロボットを活用することで生まれた人的リソースを他の業務に活かすことが可能です。

近年ではAIを搭載したものも多く、レイアウトを学習したり、スマートフォンと連携して外出先から操作を行えるロボットもあります。自社の環境下に適した機能を有した清掃ロボットを選択するようにしましょう。

この記事に関連するオンライン展示会