非破壊検査とは?非破壊検査の種類と特徴とおすすめ製品5選

非破壊検査とは?非破壊検査の種類と特徴とおすすめ製品5選
非破壊検査とは、検査対象物を破壊することなく欠陥の有無を判定する検査手法を指します。 非破壊検査の種類には様々なものがあり、それぞれの検査手法によって特徴や適性があるため、検査したい対象物とその項目に沿って検討することが重要となります。 この記事では、非破壊検査の種類と特徴、おすすめ製品5選をご紹介します。

非破壊検査とは?

非破壊検査とは?

非破壊検査とは、検査対象物を破壊することなく欠陥の有無を判定する検査手法を指します。
非破壊検査の種類には様々なものがありますが、「放射線透過試験」「超音波探傷検査」「浸透探傷検査」「磁粉探傷検査」「赤外線検査」「過電流探傷検査」等がその代表例です。それぞれの検査手法によって特徴や適性があるため、検査したい対象物とその項目に沿って検討することが重要となります。

非破壊検査の種類

放射線透過試験

X線を透過させ、欠陥像をX線フイルムなどにより観察します。異物があると透過量は少なくなります。

※検出する欠陥:プロホール、溶け込み不良、内部欠陥、異物、空隙 等

超音波探傷検査

超音波を照射すると、物質の界面で反射波が生じます。その反射を画像化して内部の欠陥を検出します。

※検出する欠陥:溶け込み不良、内部欠陥、巣、厚さ、結合不足 等

浸透探傷検査

浸透液を内部で浸透させ、内部の浸透液を吸い出すことにより明瞭な欠陥指示模様を検出します。

※検出する欠陥:割れ、ピンホール、線状キズ、表面開口 等

磁粉探傷検査

検査対象物を磁化させ、鉄粉を散布することで欠陥磁粉模様が形成されます。

※検出する欠陥:割れ、線状キズ、表面欠陥 等

過電流探傷検査

交流を流したコイルを試験片に近づけると、試験体に過電流が流れ、欠陥部ではコイルのインピーダンスが変化します。

※検出する欠陥:割れ、線状キズ、表面欠陥 等

製造業に非破壊検査を導入するメリット

製造業に非破壊検査を導入するメリット

目視では発見できない欠陥を検査できる

非破壊検査は、検査対象物を破壊することなく検査ができるという点が最大の特徴ですが、その他にもいくつかのメリットが挙げられます。

そのうちの一つが、目視による検査では発見が困難な欠陥も検知できるという点です。そもそも、破壊検査が必要な検査対象物は内部の検査を求められているケースがほとんどのため、内部の模様を形成できる非破壊検査は非常に有効な手法と言えます。

全数検査・検査の半自動化を実現できる

破壊検査を行う場合は、そのほとんどを人による作業で行う必要があり、検査にはコストも時間もかかります。また、クライアントによっては全数検査を求められるケースがありますが、そのような場合も破壊検査は向いていません。
しかし、非破壊検査を導入することで、(検査体制の見直しや再構築は必要ですが)検査効率の向上や、全数検査・検査の半自動化の実現を期待することができます。

ますますの進化が期待されている非破壊検査

非破壊検査は、個別で行う必要のある破壊検査に比べて全数検査を実現しやすくなるため、検査精度向上の観点からより多くのメーカーに求められるようになってきている検査手法です。
また、技術的な観点においては、まだAIやIoT分野との親和性が高いとは言えないものの、徐々にAIのサポートを導入した非破壊検査ソリューションも提供されるようになっています。今後も、検査需要の増加に伴い発展が期待されている分野です。

非破壊検査のおすすめ製品5社

コーンズテクノロジー株式会社

世界最高級の検査×測定

製品画像

当社は、世界の先進的かつ高品質な製品・技術を日本市場へと導入することで、国内産業発展の一翼を担ってきました。
日本市場を支えるお客様と、高い技術力や確かな実績をもつ海外取引先との間に立ち、相互利益の最大化に寄与すること、それが当社の価値であると考えます。またこれまでに培ってきた知識と豊富な経験を活かしながら、海外に広がるネットワークを駆使して、お客様のご要望に応える製品・技術・サービスを提供すること、それが当社の使命であると思います。

先進的な製品・技術をいち早く世界から選び抜き、日本産業界へ紹介し日本経済の礎を支えるとともに、ビジネスを通して日本と外国の異なる文化交流に寄与します。また、同時に社会と環境に対しても最大の貢献をしていきます。

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー

センスシングスジャパン株式会社

AI外観検査システム「ZENAI(ゼナイ)」

製品画像

ディープラーニング技術を用いた外観検査AIシステム「ZENAI(ゼナイ)」により、お客様の課題解決を支援します。ZENAIで外観検査工程を自動化します。高度な画像分類により、不良や傷・異物の検出が可能です。これまで不可能だった微細な欠陥を検知でき、0.1秒の高速判定を実現しています。

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー

新電子株式会社

オーダーメイドの検査装置

製品画像

新電子は、これまで業界問わずオーダーメイドで、数多くの装置を製作いたしました。
その中には、仕様書もなく手探りで、お客様と会話を重ねながら製作した装置や数々のメーカーに断られ続けてきた自動化案件を長年検証させて頂き装置化した実績もございます。
お客様からのお問い合わせを親身になって、様々な角度から解決策を模索していく、そのような経験や多くの検証実績が、新電子の技術力やノウハウとして蓄積されております。
自動化でお悩みのお客様、どこに相談しても実現できなかった自動化の課題、あきらめる前に「一度、新電子に相談してみませんか?」
こういう検査がしたい、この工程を自動化したい・・・お気軽に新電子にご相談ください。

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー

東京マシンヴィジョンシステム株式会社

画像処理技術による外観検査システム

製品画像

外観検査の⾃動化に課題を抱える方に、画像処理を利用した外観検査システムを提案いたします。
様々な工業製品の検査用途に対応できる汎用性と、特定の分野に適合する高い専門性を備えたヴィスコ・テクノロジーズ社製画像処理製品及び周辺機器をインテグレートし、お客様のご要望に合わせたシステムをご提供いたします。
また、画像処理システム導入にあたっては事前の仕様決め、サンプル評価が重要です。弊社は光学技術、電気・機械の知識と経験を元に、システム導入からアフターサポートに至るまでお手伝いさせて頂きます。

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー

藤田デバイス株式会社

トータルコーディネート

製品画像

半導体関連で培った技術をお客様に画像検査装置の開発、製作、導入、オペトレを通じてご提供しております。HALCON画像システムを用い、独自のアルゴリズム開発によって、製品に付着・混入している表面異物、裏面異物を的確に画像検査を行い、良否判定を行います。
サンプルをご送付頂ければ、デモ評価を実施し最適な検査装置の提案を致します。

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー

この記事に関連するオンライン展示会