外観検査とは?製品の品質を担保する外観検査の課題点やソリューションを解説

外観検査とは?製品の品質を担保する外観検査の課題点やソリューションを解説
製造業における製品・部品の外観状態をチェックする「外観検査」は、ほとんどの工場で実施されているものです。異物・傷・欠陥・汚れ・歪み等の有無を判定し、市場への不良品流出を防ぐのが大きな目的です。この記事では、製品の品質を担保する外観検査の課題点やソリューションを解説しています。

外観検査とは?

外観検査とは?

製造業における製品・部品の外観状態をチェックする「外観検査」は、ほとんどの工場で実施されているものです。異物・傷・欠陥・汚れ・歪み等の有無を判定し、市場への不良品流出を防ぐのが大きな目的です。
外観検査は主に「インライン検査」と「オフライン検査」の方法に分かれます。

「インライン検査」とは、製造ラインに外観検査を組み込む検査方式です。生産過程の流れの中に検査工程を組み込むことができるため、効率的な検査を実施できるのが大きなメリットとなります。その一方、時間をかけて目視による検査を行うことは困難なため、不良品を見落としてしまうリスクを抱えています。

「オフライン検査」とは、生産工程とは分けて検査工程を設ける方式です。一つ一つの検査に独立した時間と工程を設けるため、検査精度の向上を見込める分、膨大な検査時間を必要とする側面もあります。

オンライン検査とオフライン検査

課題点の多い目視検査

従来の外観検査は人の目(目視)によって行われることがほとんどでした。顕微鏡等を用いて、製造品の欠陥の有無を子細に観察し、それぞれの検査員が不良品か否かの判定を行うものです。
しかし、目視による検査には様々な課題点があり、検査精度のバラツキや検査効率に頭を悩ませている製造現場は少なくありません。

課題点の多い目視検査

課題1:検査効率が悪い

検査員が目視によって検査を行う場合は、機械による検査と比較して時間をより多く必要としてしまいます。
全体の生産量を増加させたい場合は、必然的に検査効率も向上させなければいけないものですが、人が検査を行う場合はその効率化にも限界があります。

課題2:検査品質が安定しない

人が検査を行う以上は検査員の習熟度に依存をしてしまうため、検査精度のバラツキは避けられないものです。

課題3:採用・育成コストがかかる

検査技術を要した人材を育成するにはそれなりのコストが必要となります。
また、求められる生産量に適した検査員を常に配置しなければならないことや、急に発生した欠員を埋めなければならないことなど、常に採用に関するコストについて考慮しなければいけません。

検査工程の自動化を実現する「外観検査装置」

検査工程の自動化を実現する「外観検査装置」

外観検査装置は「検査員の目」の代わりとなる装置です。製造現場の検査工程に外観検査装置を導入することで、前述した目視検査の課題を解決することができます。

外観検査装置とは? 画像処理技術を用いた外観検査の特徴と、外観検査装置を提供するメーカー6社をご紹介します。

外観検査とAI技術

近年の外観検査においては、AIによる画像処理技術を活用したソリューションが数多く導入されています。
撮像した画像データを解析し、欠陥の有無を自動で判別できる画像処理の技術は、検査効率を劇的に向上させるものとして大きな期待を集めています。

画像処理とは?

画像処理とは? 画像処理技術を用いた検査の概要と、ソリューションを提供する企業7社をご紹介。

AI外観検査のメリットとは?

AI外観検査のメリットとは? 画像処理技術を用いた外観検査の概要と、ソリューションを提供する企業10社をご紹介します。

画像検査システムとは?

画像検査システムで外観検査の悩みを解決しませんか? 画像検査システムの特徴や事例、ソリューションを提供するメーカー10社をご紹介します。

外観検査の全自動化・半自動化で、検査効率の大幅向上が可能

検査の省人化・自動化のソリューションを提供している企業は数多くあります。
まずは、自社工場の検査対象物と検査項目を洗い出し、その中から「自動化しやすい」「既存の製造ラインに検査装置を組み込みやすい」ものを選定し、まずは検査工程を半自動化させるところから始めてみるのはいかがでしょうか。

この記事に関連するオンライン展示会