工程計画を最適化する生産スケジューラとは? 生産スケジューラの活用事例とおすすめ製品をご紹介!

工程計画を最適化する生産スケジューラとは?  生産スケジューラの活用事例とおすすめ製品をご紹介!
生産スケジューリングとは、生産計画に基づいて工程単位での作業手順を計画するもので、生産計画よりも細かくスケジューリングする事を指します。
この記事では生産スケジューラの活用事例とおすすめ製品をご紹介しています。

生産スケジューリングとは? 生産計画との違い

生産スケジューリングとは?

生産スケジューリングとは、生産計画に基づいて工程単位での作業手順を計画することを意味します。つまり、生産スケジューリングの方が生産計画よりも粒度が細かくなります。

具体的には、「◯時〜◯時までの間にこの作業を行う」というように、機械や人等のリソースが行う作業の量を時間軸上に配置していきます。このような性質上、生産スケジューリングのことを有限能力スケジューリングと呼ぶ場合もあります。

生産スケジューラを活用することで多様なニーズに対応できる

従来の生産スケジューリングは主に紙面やエクセル等によって行われることが主でしたが、近年ではこれまでの手法では管理をし切れなくなってきている製造現場が発生しています。というのも、例えば「多品種少ロット生産」など、クライアントに求められるニーズが多様になってきているからです。当然、受発注の内容が複雑になればなるほど、管理すべき内容も多岐にわたり、複雑性を帯びていくことになります。

そのようなケースに対応できるのが、生産スケジューラです。生産管理システムの一部に含まれる生産スケジューラを活用することによって、複雑な生産スケジューリングにも対応ができるようになります。

生産スケジューラとエクセルの特徴の違い

では、従来のエクセルによる生産スケジューリングは不要なのでしょうか。この問いには一概にイエスともノーとも答えることはできません。実際に中規模・小規模の製造業では、未だにエクセルを活用した生産スケジューリングを実現しているところもあるからです。

エクセルを活用するメリットとしては「コストがかかりにくい」・「普及しているツールのため使いやすい」という点が挙げられます。その一方で、「同時編集ができないため共有しにくい」・「属人化を招きやすい」というデメリットもあります。

上記のようなメリットとデメリットを踏まえたうえで、エクセルによる生産スケジューリングの有無を判断する必要があります。

生産スケジューラを導入するメリット

生産スケジューラを導入するメリット

生産スケジューラを導入するメリットとして「生産スケジューリングの最適化」・「生産現場の”見える化”」をご紹介します。

生産スケジュールの最適化

WEBブラウザ等、デバイス上で生産スケジューリングを可視化できることによって、瞬時に予定の変更とその共有が実現可能です。また、表示させる期間を1時間〜数ヶ月に切り替えることで、全体のスケジュール感を把握することも、当日のスケジュールを把握することも瞬時に対応できます。

加えて、納期の遅れが発生している場合や、急なリソースの投入が必要な場合など、生じた問題に対応するための機能として「シミュレーション機能」を有しているものもあります。自社の製造現場に合った生産スケジューラを選ぶことで、最適な生産スケジューリングを実現可能です。

生産現場の”見える化”

システムに編集(工程の着手や完了等)を加えることで、瞬時に生産スケジューリングに対する進捗状況をデバイス上で把握することができます。計画に対する遅れがリアルタイムで反映される”見える化”を実現できるため、致命的な遅れに繋がる前に素早く改善策を講じることが可能です。

生産スケジューラを選ぶ際のポイント

工程を管理する粒度によって、導入する生産スケジューラを選択する必要があります。より細かく工程を分けて管理ができれば良いのかというと、必ずしもそういうわけではありません。というのも、実際に工程管理を行う現場の担当者が使いこなせなければ意味が無いからです。

また、どれだけ細かく工程を可視化できるかはもちろんのこと、付随する機能が自社の製造現場に適したものであるかも事前に見極めておく必要があります。

生産スケジューラの活用事例

AIによる需要予測と生産スケジューラシステムを構築

課題背景

原材料の仕入から製品出荷に至るまでの各工程をそれぞれの担当者が属人的に担っていたため、情報共有に遅れが生じていた。

また、各担当者による需要予測にズレがあり、生産スケジューリングの作成に明確な判断基準を設けることが困難だった。

導入効果

計画〜製造〜出荷までの情報を一元管理できるシステムを導入することで、変更された状況をリアルタイムで共有できるようになった。

加えて、AIによる高精度な需要予測機能をオプションとして付与したことにより、データに基づいた客観的な需要予測を実現できるようになった。
結果として、生産スケジューリングにかかる時間を大幅に削減することができ、生産性の向上に繋がった。

生産スケジューラとウェアラブル端末の併用

課題背景

生産計画業務を行う作業者の育成と採用のコストに常に頭を悩ませていた。

導入効果

生産スケジューラを導入することで、生産計画にまつわる業務を半自動化。システムに任せる業務と人が行う業務を分担することによって、管理業務を大幅に削減することができた。結果、担当者の定着率も向上し、採用に関わるコストの削減にも繋がった。

また、システムと作業者が身に着けるウェアラブル端末(スマートウォッチ)を連携させることによって、変動した製造指示をスムーズに共有できるようになった。

生産スケジューラを導入して生産効率の向上を実現しませんか

生産スケジューラを導入して生産効率の向上を実現しませんか

製造現場の課題をITによるソリューションで解決する企業は日々増えています。生産管理システムに含まれることの多い生産スケジューラも、そのようなソリューションの内の一つです。

経営計画も含めた生産計画は非常に重要な計画ではあるものの、実際の工程計画に関わる生産スケジューリングをおざなりにしてしまうと元も子もありません。そのため、生産管理システムの導入を検討されている企業には、より粒度の細かいスケジューリングが可能な「生産スケジューラ」の機能が搭載されたものを選ぶことをおすすめします。

おすすめの生産スケジューラ

株式会社メガ・トレンド

WEB生産スケジューラ

製品画像

WEB生産スケジューラは、お手頃な利用料金ですぐに運用が始められるサブスクリプションサービスです。短納期オーダーやスポット生産に対応し、生産の進捗に合わせて最適な生産計画を策定するためのツールとしてご利用いただけます。
段取時間集約機能、納期アラーム機能、各種制約機能をはじめ担当者の多台持ちや複数部品組付け、ライン毎の稼働時間設定にも対応します。
また、生産計画に対する進捗状況がリアルタイムモニターに反映され、生産状況の見える化が実現できます。

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー

この記事に関連するオンライン展示会