稼働監視の必要性とは?おすすめの稼働監視システム8選

稼働監視の必要性とは?おすすめの稼働監視システム8選
稼働監視とは、工場内の機械設備の稼働状況をリアルタイムで把握することを指します。この記事では稼働監視の必要性、おすすめ稼働監視システム8選をご紹介しています。

稼働監視とは?

稼働監視とは?

稼働監視とは、工場内の機械設備の稼働状況をリアルタイムで把握することを指します。運転・停止状況の把握はもちろんのこと、異常状態の把握も求められます。

また、機械設備の稼働状況を「データ」として収集することによって、稼働実績や生産実績等の生産性向上に繋がる内容をモニタリングすることができるようになります。

稼働監視が必要な理由

稼働監視が必要な理由

稼働監視を行うメリットとして「設備トラブルの未然防止」と「稼働状況の見える化」をご紹介します。

設備トラブルを未然に防ぐことができる

設備に何らかのトラブルが発生し、不具合あるいは停止をしてしまった場合、生産ラインがストップした状態を長時間放置してしまうリスクが考えられます。このような状態を未然に防ぐには現場確認を定期的に行う必要がありますが、その分人件費も必要となってしまいます。

システム等を利用した稼働監視を実行することによって、急な設備トラブルを素早く察知できるだけでなく、異常を検知するシステムを構築しておくことで未然にトラブルを防止することも可能です。稼働率の低下は生産性の低下と直接的に関わるため、設備トラブルは事後ではなく未然に対応することによって安定した生産を維持することができます。

設備状況を"見える化"して生産率向上に向けた改善ができる

設備の稼働状況をデータとして可視化(見える化)することによって、トラブルが発生しやすい設備や稼働状況に問題を抱えている設備をリアルタイム及び事前に把握できるため、現場で確認を行う作業者との連携も実現しやすくなります。

また、モニタリングの結果によって設備トラブルや稼働率の停滞に一定の傾向を見出しやすくなるため、稼働率のバラツキを改善するための施策を講じやすくなります。

稼働状況を一元管理できる「稼働監視システム」

稼働状況を一元管理できる「稼働監視システム」

稼働監視システムを活用することで、場所を問わずパソコン・タブレット・スマートフォンなどのディスプレイ上で機械設備の稼働状況を把握することができます。

また、リアルタイムでの常時監視だけではなく、様々な収集データをグラフ等で分かりやすく可視化できるため、生産性の向上へ繋げることが可能です。

稼働監視システムの活用事例

広い構内の稼働状況を一元管理できるようになった

課題背景 広い構内で様々な箇所に設置されている機械設備を点検するのに膨大な時間がかかっていることに課題を感じていた。必要な作業員の確保や人員配置などのコストが年々膨らみ、生産人口の減少の影響もあり採用にも頭を悩ませていた。
導入効果 ブラウザ上で機械設備の稼働状況をリアルタイムで把握できる稼働監視システムを導入。重点的に見回り・点検が必要な機械設備へ巡回を絞ることができるようになり、大幅な時間短縮・人的コストの削減につながった。また、各機械設備の消費電力量も一覧で確認できるようになったため、より適正なエネルギー配分で生産ができる体制へと改善ができた。

稼働監視システムオススメ8選

株式会社インテック

シグカメ

製品画像

カメラでシグナルタワーを撮像し、設備の稼働情報を収集します。
設備アラーム時には担当オペレータにメール通知を行います。
設備の稼働状態はいつでもWeb画面で確認できます。

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー

プロキャスト株式会社

FANUC MT-LINKi

製品画像

工場内の機械情報を収集し、稼働管理を行うシステムです。
収集したデータは、上位の生産管理システムなどと連携することができます。
弊社の特徴としてはFOCAS対応機は勿論のこと、FOCAS非対応機やFANUC以外のNCも対応しています。 

またすでにパッケージを導入済みのお客様への運用の支援や、パッケージソフトへのカスタマイズ機能の追加や非稼働時の状態表示を行う『非稼働スイッチボックス』などのオリジナルのオプション対応も行っております。

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー

株式会社星進エンジニアリング

装置・製造ライン監視システム

製品画像

監視対象により様々なご要望に対応いたします。
ここに上げておりますものは、デモンストレーション用監視ソフトです。

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー

株式会社ゴードーソリューション

IoTによる工場の見える化システム

製品画像

Nazca Neo Linka(ナスカ・ネオ・リンカ)は、「工場マネジメント」をコンセプトに開発した生産設備向けIoTシステムです。多彩な接続方法に対応し、専用インターフェースがなくても設備と接続できるので、メーカーや年式問わず工場にある様々な設備の稼働データを一元管理できます。

さらに、RFIDやバーコードなど各種センシング機器からのデータ取得にも対応。これにより、設備の稼働状態と合わせて、担当者や作業時間、ワーク情報など、製造にかかわる様々なデータを紐づけして複合的に表示・集計できます。

シンプルなシステム構成と拡張性で、設備の増設にも柔軟に対応。
既存の生産管理システムとの連携もぜひご相談ください。

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー

i Smart Technologies株式会社

iXacs(アイザックス) – IoTによる製造ラインモニタリング

製品画像

データは、現場で使うものです。現場が使いこなせないと意味がありません。
iXacs(アイザックス)は、現場の人々が簡単に使えるところにこだわりをもって作っています。
今まで見えなかったり手動で記録していた製造ラインの状態が、自動で可視化できます。
それにより現場、現場管理者、経営者が共にデータを見て話す企業風土を醸成します。

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー

株式会社カワイ精工

管助

製品画像

「管助」は機械の稼働状況や生産実績を見える化するシステムです。
今まで感覚に頼っていた機械の稼働状況をデータとして記録するため、稼働率が明確になります。また記録されたデータを分析することで「なぜ稼働率が上がらないか」の原因究明に繋がります。
「管助」は自由度の高い「カスタマイズ性」と「価格」で工場の見える化を強力にサポートします。

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー

OSIsoft Japan株式会社

PI system

製品画像

PI Systemはオペレーションデータを一元的に記録するシステムです。オペレーション担当者は、データをリアルタイムで視覚化し、プロセス効率の改善、アセットの最適化、持続可能なオペレーションを実現することができます。

また、PI Systemはビッグデータアーキテクチャをサポートし、効率的で拡張可能かつ柔軟な方法で「直ちに分析できるデータ」をストリーミングします。

さらに、データサイエンスの洞察をオペレーションに活かすために必要な時間を短縮すると同時に、予測をPI Systemに戻し、オペレーション担当者の意思決定を支えることが可能です。

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー

この記事に関連するオンライン展示会