住友商事マシネックス株式会社

Doosan Collaborative Robots

未来の可能性にチャレンジする協働ロボット

Doosan Collaborative Robots
Doosan Collaborative Robots
Doosan Collaborative Robots
Doosan Collaborative Robots
Doosan Collaborative Robots
Doosan Collaborative Robots
Doosan Collaborative Robots
Doosan Collaborative Robots
Doosan Collaborative Robots
Doosan Collaborative Robots
協働ロボット『Doosan Collaborative Robots』は、高性能なトルクセンサを全軸の6軸に搭載しており、あらゆる作業環境への対応が可能です。日本の全産業における少子高齢化による労働人口不足、職場環境改善、品質向上、技術継承等を解決する手助けを致します。

メッセージ

日本国内におけるDoosan Collaborative Robotsの提供は、製造現場を熟知した住友商事マシネックス、ロボットSIer、サービス会社の3社が連携して行います。

導入からアフターサポートまで、専門チームが対応いたしますので、安心してご利用いただけます。

住友商事マシネックス株式会社

日本国内におけるDoosan Collaborative Robotsの提供は、製造現場を熟知した住友商事マシネックス、ロボットSIer、サービス会社の3社が連携して行います。

導入からアフターサポートまで、専門チームが対応いたしますので、安心してご利用いただけます。

Doosan Collaborative Robotsの詳細

 Doosan Collaborative Robotsの特長

特長

高い安全性 Super SAFE

Doosanロボットは世界的に権威のある安全認証を取得しています。また、多様なワークスペースの設定で、作業者の安全を守り、作業効率を向上します。

作業者を完全に保護する5つのワークスペース設定
  • 協調作業区域
  • 衝突感知無効区域
  • 保護区域
  • ツール方向切替制限区域
  • 衝突感度カスタマイズ可能区域

簡単操作 Super Easy

簡単なワンタッチプログラミング
エンドエフェクター・周辺機械・機器を登録することで、簡単なマテハンから機械の補助作業まで、様々なテンプレートが理想的な作業工程を提案してくれます。 また、よく使われるスキルがあらかじめプログラムされており、初心者の方でも簡単にロボットを使用可能です。

簡単なダイレクトティーチング機能
Doosanロボットのコックピット(ダイレクトティーチングボタン)では、垂直移動や平行移動など、従来の協働ロボットでは実現できなかった応用的なダイレクトティーチングが可能です。

柔軟にカスタマイズ Super FLEXIBLE

Doosanロボットを最大限に活用するDoosan Mate
Doosan Mateでは、グリッパーからカメラ、センサー、ソフトウェアなど、お客様のニーズに対応できる様々なパートナー製品をラインアップしています。ラインアップされている製品は、簡単なセットアップですぐに使用可能です。また、ロボットアームとコントロールボックスが軽量なため、AGVやAMRとの一体型等さまざまな拡張が可能です。

多様な通信方式に対応
Doosanロボットは、ゲートウェイがなくても最新の通信技術に対応しており、各種産業機器やシステムとのシームレスな接続が可能です。

対応通信:RS232/485、TCP/IP、Modbus TCP (Master/Slave)、Modbus RTU (Master)、RPOFINET IO Device、EtherNet/lP Adapter

 Doosan Collaborative Robotsの特長2

製品ラインナップ

A-SERIES Almighty

A0509
A0509s
可搬重量 5kg / 動作半径 900mm
A0912
A0912s
可搬重量 9kg / 動作半径 1,200mm

H-SERIES High-Power

H2017 可搬重量 20kg / 動作半径 1,700mm
H2515 可搬重量 25kg / 動作半径 1,500mm

M-SERIES Masterpiece

M0609 可搬重量 6kg / 動作半径 900mm
M0617 可搬重量 6kg / 動作半径 1,700mm
M1013 可搬重量 10kg / 動作半径 1,300mm
M1509 可搬重量 15kg / 動作半径 900mm
 Doosan Collaborative Robotsのラインナップ

アクセサリ

Mobile Base

ロボット、コントローラ、ティーチペンダントを一体化し、フレキシブルに適応できる移動式架台。パレットやレーザースキャナーなどの各種装置を設置でき、各種収納スペースも充実しているので、工具の収納や使用にも便利です。

Mobile Base
Robot Jacket

ロボットジャケットは、加工機から排出される切削液などの廃液・廃油からロボットを保護します。PUコーティングで2段のウォーターバリアを有しながらも、Doosanロボットは最適な動きを維持することができます。

Robot Jacket
Dress Pack

ドレスパックは、ロボットのエンドツールに接続された各種ケーブルを整理し、効率的な作業を可能にします。 ブラケットとホルダーが一体化しているため、ロボット上での着脱や再配置も簡単に行うことができます。

Dress Pack
Smart Vision Module

ロボットのフランジに直接取り付けられる2Dビジョンセンサー。 位置、角度、直径、長さなどの計測が可能で、様々なビジョンアプリケーションに対応できます。 Doosanロボット用に最適化された設計により、簡単かつ迅速な設置が可能で、すべての設定はDART-platformで管理されています。

 Smart Vision Module
Teach Pendant Soft Cover

ティーチペンダントを外力から安全に保護するためのカバーです。 軽量で汚れにくく、環境に優しいシリコンを使用しています。 エッジ部の衝撃を防ぐデザインとなっており、持ち手がスタンドとしても使える便利な機能を備えています。

 Teach Pendant Soft Cover

動画

よくあるご質問

Doosan Collaborative Robotsの魅力は何ですか?
DoosanロボットのM,Hシリーズは全軸のトルクセンサを活用したインピーダンス制御で高度な作業への適用が可能です。
また、最大25kgの高可搬重量、最長1.7mのリーチ長といったラインナップの豊富さが特徴です。
日本でサービス体制はありますか?
サービス・テクニカルのお問合せについては国内で対応しており、修理も国内で可能です。
また、お急ぎの場合は、国内倉庫の予備在庫で代替機対応をさせて頂きます。
実機を見ることはできますか?
東京・名古屋・大阪に実機見学の場を設けております。東京は羽田空港の近くにある「HANEDA INNOVATION CITY」に弊社のラボがございます。
DoosanロボットのA/M/Hシリーズのロボットが展示しており、今後AMRとの連携も実装予定です。実機見学されたい方はお気軽にご連絡ください。
取説やCADデータ等のテクニカルデータはDLできますか?
「Doosan Robot LAB」という会員登録制サイトがございます。日本語の取扱説明書や2D/3D CADデータ等の資料だけでなく、オンライントレーニングという項目で、基本的なプログラミングの方法やEthernetやModbusの設定方法等のhow to動画をご準備しております。

Doosan Collaborative Robotsのサービスメニュー

Doosan Robot アクセサリー資料

Doosan Robot アクセサリー資料

ロボットに装着可能な様々なオプションのご紹介


資料ダウンロード

Doosan Collaborative Robotsについてメールで質問・相談

Doosan Collaborative Robotsについてメールで質問・相談

担当者へ直接質問や相談ができます。

「Doosan Collaborative Robots」について住友商事マシネックス株式会社の担当よりご回答させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

メール相談

パレタイジングシステム リーフレット

パレタイジングシステム リーフレット

最大可搬重量25kgで様々な作業に対応可能

Doosan Robotsを活用したパレタイジングシステムのご紹介です。

資料ダウンロード

Doosan Collaborative Robotsパンフレット

Doosan Collaborative Robotsパンフレット

製品ラインナップ、仕様、スペックをご紹介


資料ダウンロード

代理店・SIer・ユーザーが考えるDoosan Collaborative Robotsの魅力と協働ロボットの未来

代理店・SIer・ユーザーが考えるDoosan Collaborative Robotsの魅力と協働ロボットの未来

「協働ロボット世界シェア第3位」Doosanロボットの初公開ホワイトペーパー

Doosan Collaborative Robotは2019年に日本に初進出しました。進出から約2年でヤマハ発動機株式会社をはじめ多数のメーカーで導入が進んでいます。この資料では、SIerのリンクス株式会社、ユーザーのヤマハ発動機株式会社、食品原材料メーカーにDoosanの魅力を語っていただき、協働ロボットのこれからについての想いや希望などもお伝えしています。すでに協働ロボットを活用されている方から、最近協働ロボットについて興味を持った方までお役に立てる1冊となっております。

資料ダウンロード

住友商事マシネックス株式会社

住友商事マシネックス株式会社

Challenge to Change~挑戦は終わらない~

住友商事マシネックスは2021年、「Challenge to Change~挑戦は終わらない~」というキャッチフレーズのもと、新たな中期経営計画をスタートいたしました。当社は引き続き、社会・産業インフラの未来を支える存在として、挑戦への取り組みを行ってまいります。

取引先各社様からの信頼にお応えすると共に、テクノロジーへのアクセス、そして多様な企業様との共創により、目まぐるしい変化に対応し、新たな価値創造を図ってまいります。

出展団体情報

出展団体名住友商事マシネックス株式会社
所在地100-0003 東京都千代田区 一ツ橋1-2-2  住友商事竹橋ビル 10・11F
設立年月1962年01月
従業員規模101名-500名
URLhttps://www.smx.co.jp/

Doosan Collaborative Robotsが出展中のオンライン展示会