【物流×IT】物流業でITを活用するメリットとは 

【物流×IT】物流業でITを活用するメリットとは 
物流業界の人手不足は増加傾向にあり、課題解決の為、ITを導入する企業が多くなってきました。この記事では、物流業でITを活用するメリットをご紹介します。
物流業界が抱えている課題点

人手不足はどの業界も抱えている共通の課題点ですが、物流業においても例外ではありません。

物流現場における業務では、入荷から梱包、発送まで実に様々な役割が発生し、それぞれに多種多様な業種の人員が関わりあいます。また、近年ではECサイト等の普及により、顧客が求める需要も極めて多様となっている背景があるため、ますますの労働力確保が重要な命題となっています。

物流にIT技術を活用するメリット

今ご紹介した人手不足の解決策として期待されているのが、IT技術の活用です。

近年発展しているIT技術を物流現場に導入することによって、これまで人が行ってきた業務をシステムやロボットへ代替することができたり、システムの活用によって業務を平準化・効率化できるメリットをもたらします。
その効果は前述した人手不足の改題に貢献できるのはもちろんのこと、企業に新しい付加価値をもたらすことも期待できます。

人員不足の解消

前述した通り、物流現場では多種多様な業務が関わり合うため、それぞれの業務で多くの人員が必要となるのはもちろんのこと、適切な人員配置が求められます。

そこでIT機器を活用することによって、データに基づいた客観的な視点で人員配置を見直したり、ドライバーの配送管理を一括して行うことができます。

また、物流ロボットを活用することで人の業務を機械に代替することができたり、ハンディターミナル等を活用することで検品や棚卸作業の手間を省くことができるようになるため、直接的な労働力としてもIT技術は貢献をしてくれます。

物流業務の平準化・効率化

IT機器を活用することで、物流業務における情報をデータとして「見える化」することができるようになるため、業務の効率化に向けて有効な改善を講じることができるようになります。

例えば、倉庫内の在庫量の変動をリアルタイムで把握することによって、適切な仕入れのタイミングを計画することができるようになります。また、煩雑な業務を自動化してくれる効果ももたらしてくれるため、属人的になりがちな業務を平準化することで人材育成に関わるコストを削減できます。

プラスαの価値創造

情報を「見える化」して物流現場を最適な状態へ整えたり、ロボット等を活用して人の業務を機械に代替することは、IT技術における守りの活用方法と言えるかもしれません。

その一方で、 得られた情報やデータに基づいて新しいサービスを生み出す動きは、IT技術の攻めの活用方法と言えるでしょう。特に近年ではECサイト等の普及によってユーザーが求める内容も多様となっています。そのため、企業がその需要を汲み取ったサービスを開発することによって、企業とユーザーの双方へメリットをもたらすようなビジネスチャンスが潜んでいます。

物流業におけるITの活用事例

ドローンの配送サービス

大手ECサイト「Amazon」を運営しているAmazon.com, Inc.は、Amazon Prime Airと呼ばれるドローンによる無人輸送のサービスを発表しています。

まだ試験的な段階ではありますが、日本でもセブンイレブン等がドローンによる配送の試験を行っています。
ドローンによる配送手法が普及すれば、渋滞等のトラブルに巻き込まれる心配もなくなるため、想定通りの時間で配送を徹底できるサービスが構築可能となります。

トラックの無人隊列走行

日本政府が主導となり、高速道路でのトラックの無人隊列走行実験が行われました。

先頭のトラックにドライバーが乗車をし、その後続に無人トラックが一定の間隔で追走するという試験です。
2022年までの商用化を見込んでおり、無人トラックによる配送が実現されれば新しい労働力として大きな期待ができます。

運送予約システム

ドライバーの待ち時間は物流現場における重要な課題点です。待ち時間をできるだけ削減し、ドライバーの労働力を有効的に活用することができれば、人手不足問題の解消にもつながります。

また、ドライバーの待ち時間問題に対する一つの解決策として期待されているのが「運送予約システム」です。トラックが倉庫へ到着する前にドライバーがオンライン上で予約を管理できるため、倉庫側の作業者も前もって棚卸等の準備をしておくことができます。導入した企業の中にはドライバーの待ち時間を約70%も削減できた事例もあり、大きな効果を期待できる解決策となっています。

まとめ

従来は人が不足をしている場合は人を新たに確保することでしか解決が出来なかったものの、ITを活用することで新しい労働力を得ることが可能となります。

また、IT技術は物流現場における人手不足の解消や業務の効率化を実現できるだけでなく、新しいサービス開発への応用にも期待ができるものです。ぜひ一度、今抱えている課題点への解決策として、ITの活用を一度検討してみてはいかがでしょうか。