物流現場の人手不足に貢献する物流ロボットとは?

物流現場の人手不足に貢献する物流ロボットとは?
労働者を確保するという手段とは別に、人手不足の解決手段となり得る物流ロボットが近年では注目を集めています。この記事では、物流現場の人手不足に貢献する物流ロボットの特徴や、導入メリット、活用事例などをご紹介しています。

人手不足が深刻化している物流現場

人手不足はほとんどの業界が抱えている課題となっていますが、それは物流業においても例外ではありません。
特に近年ではECサイト等の普及に伴い、顧客の需要が増加・多様化しているため、これまで以上に数多くの労働力が必要とされています。しかし、増加する需要に対して、十分な労働者を供給できていない現状が物流業界では蔓延しています。
今後は少子高齢化の影響もあいまって、労働力の確保がますます難しくなることは想像に難くありません。

物流ロボットとは?

そのような背景の中で、労働者を確保するという手段とは別に、人手不足の解決手段となり得る物流ロボットが近年では注目を集めています。

物流ロボットとは、物流における基本的な工程要素である輸送・保管・荷役・放送・流通加工の5つの活動を、人に代替して行ってくれるロボットや機械のことを指します。

一般的な物流ロボットは、単一で業務を自動化するものではなく、人との協働をコンセプトに業務の半自動化するものが普及しています。
というのも、細かな配送分け等、ロボットが行うよりも人が行う方が効率的な工程が物流業にはあるため、ロボットが代替できる部分と代替できない部分を見極めた活用が求められるからです。

物流ロボットの種類

物流ロボットは、大きく「AGV(無人搬送ロボット)」と「AMR(自律走行ロボット)」の2つに分類されます。

AGVは、磁気テープを読み取ってあらかじめ決められたルートを走行するロボットであり、商品のピッキングや仕分け等の場面で活躍します。
一方のAMRは、画像認識の技術を用いて周囲の環境を検知し、目的の場所まで自立で移動できる搬送ロボットです。

AGV(無人搬送ロボット)

AGV(無人搬送ロボット)は、磁気テープを読み取ってあらかじめ決められたルートを走行するロボットであり、商品のピッキングや仕分け等の場面で活躍します。

「決められた地点から決められた地点へモノを運ぶ」ことを正確かつスピーディーに遂行させることが可能なため、作業者の身体的負担を大幅に削減することが可能です。

AMR(自律走行ロボット)

一方のAMR(自律走行ロボット)は、画像認識の技術を用いて周囲の環境を検知し、目的の場所まで自立で移動できる搬送ロボットです。

AGVがモノの搬送に特化しているのと比較して、AMRは人との協働に特徴を持ったロボットだと言えます。
例えば、ロボットが自動でピッキング場所まで向かい、人が棚から商品をロボットに積み込み、積み込まれた商品をロボットが梱包を行う場所まで搬送するといった流れで活用されます。

物流ロボットの活用事例

物流ロボットの活用は、大手企業を中心に普及しつつあります。ここでは「DHL」「Amazon」「Walmart」の3社による物流ロボットの活用事例をご紹介します。

DHL

DHLサプライチェーン株式会社は、自社の倉庫管理に倉庫管理システムを導入しており、倉庫内で駆動するロボットを連携させることで24時間365日の入出荷を可能にしています。
また、最大重量600kgに及ぶ棚を自走搬送するロボット活用し、機械にしか任せることのできない業務を代替させています。

Amazon

ECサイトを運営するAmazon.com Inc.は、倉庫内の棚までを自律走行するAMRタイプのロボットを導入しています。
このタイプのロボットは日本国内でも導入が進んでおり、配送ニーズが高まる時期などに活用されています。

Walmart

Walmart Inc.は、物流システムを活用することで、駐車場で待つ顧客の車まで商品を届けるサービスを実現しています。
「アルファロボット」という物流ロボットが倉庫から商品をピッキングし、その商品をスタッフが梱包するという、人とロボットの協働スタイルが構築されています。

まとめ

物流業界における人手不足問題への貢献が期待されている物流ロボット。

国内におけるその活用事例はまだ海外と比べて浸透しているとは言えない現状がありますが、今後は更なる技術革新に伴いロボットが今よりも安価になることが予想されるため、導入へのハードルがグッと下がる未来もそう遠くはないでしょう。

物流ロボットには様々な種類があるため、自社の倉庫規模や業務内容に沿って適した物流ロボットを選択する必要があります。