電力監視の実現に向けて重要なこととは?おすすめ製品6選

電力監視の実現に向けて重要なこととは?おすすめ製品6選
製造業において電力監視を行うメリットは、省エネによる余分なコストの削減が実現できる点にあります。この記事では電力監視の実現に向けて重要なことや、おすすめ製品6選をご紹介しています。

電力監視の第一歩は「計測」から

電力監視の第一歩は「計測」から

製造業において電力監視を行うメリットは、省エネによる余分なコストの削減が実現できる点にあります。ただ、一口に電力監視と言っても実現に向けたアプローチには段階があり、その最初のステップが状況の把握、つまりは「計測」をすることです。

一般的には電力の計測と言うと電力メータによる検針をイメージされるかと思いますが、この計測はあくまで使用料金を計算するための計測であり、省エネを目的においた計測では無いため省エネには結びつきません。そのため、より細かい単位での計測や、変動やピークなどを把握できる「計測」を実現することが、省エネに繋がる電力監視になります。

電力監視システムとは?

電力監視システムを活用することによって、電力使用の状態を計測することはもちろん、節電に向けたポイントを可視化(見える化)することができます。

また、機械設備を実際に動かす部分とシステムを連携させることによって、節電に向けた多彩な機能を活かすことができる電力監視システムもあります。計測がまずは省エネの第一歩目だと前述しましたが、計測はあくまで手段に過ぎないため、計測後に改善へと繋がる打ち手を講じられる電力監視システムを選択することが重要です。

電力監視システム導入のメリット

電力監視システム導入のメリット

電力監視システムを導入することによってもたらされるメリットをご紹介します。

リアルタイムの電力監視ができる

施設・機械設備における電力の使用状況は、1ヶ月毎等の一定期間に区切って把握するのが一般的でした。しかし、電力監視システムを活用することで、リアルタイムで電力を監視することが可能になります。

また、センサーを取り付け、あらかじめ域値を設定してアラームが発動する仕組み等を構築することによって、余分なコスト削減に繋がる施策がすぐ実現可能となります。

電力量を”見える化”して改善策を講じることができる

加えて、過去数ヶ月分の使用状況をグラフ等で可視化することによって、無駄が発生しているポイントや傾向を見極めることができます。

また、稼働状況や異常状態も把握できるシステムを導入すれば、広い構内などで巡回にコストが掛かる工場でも多方面でのコスト削減を期待できるようになります。

電力量の計測に欠かせない「電力監視システム」を導入しませんか?

電力監視システムは、工場等の製造現場の規模や管理方法に合わせて、各々に適した形で構築するものです。

しかし、システムを構築した瞬間に省エネが実現できるわけではありません。電力監視システムはあくまでツールに過ぎないため、省エネを実現するために必要な機能を逆算して、システム選びをすることが重要となります。自社に適した電力監視のPDCAを回しやすいシステムの導入を検討するようにしてみてください。

おすすめ製品6選

日本ノーベル株式会社

環境データ統合管理システム「Ecolyzer」

製品画像

環境データ統合管理システム「EcoLyzer」は、全社のCO2排出量、エネルギー使用量、廃棄物処理量などの環境データを一括管理、分析するためのWebシステムです。多数の拠点から環境データを収集、そのデータを分析・集計し、その結果を文書として行政機関や銀行・投資家にご提供するために使用します。

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー

タック株式会社

タックSmart工場クラウド

製品画像

タックSmart工場クラウドとは、製造業の皆さまの設備総合効率の向上をデジタル技術を活用して支援するクラウドサービスです。
現場にある既存設備を利用して、手軽にスモールスタートでき、工場の設備稼働ロス、品質トラブルの改善を支援します。

【こんな悩み、課題を支援します】
・設備データが点在しており、現場に行かないと収集できない
・改善すべきことに気づかず、ロスが慢性化している
・設備の異常予兆をトラブルが起こる前に察知したい

【特長】
・あらゆる設備と「つながる」…異なる生産設備の情報を一元管理します。
・多種多様なデータ分析を「かんたんに」…手間のかかる収集、変換などの前処理作業の8割を自動化します。
・現場設備の問題に素早く「気づける」…設備稼働率、良品率向上に必要な見える化~予防保全を支援します。

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー

株式会社日立産機システム

WORKFRONTシリーズ

製品画像

近年、労働人口の減少や市場競争の激化により、製造業ではデジタル化と現場データ活用のニーズが高まっています。
現場データを活用するには種々デバイス「モノ」の生データを「何時」「何処で」「何のために」のつながりのあるデータに加工できなければなりません。
また、デジタル化の効果を最大限発揮するには、経営課題解決と現場改善を両立する現場主導型のアプローチが必要と考えます。

WORKFRONTシリーズでは、現場の最適化を実現するソリューションを提供し、データの収集から加工、活用まで一貫して製造現場のデジタル化を支援します。

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー

JFE商事エレクトロニクス株式会社

プラントデータと動画の統合管理システム

製品画像

本ソリューションは、プラント内に散在する各種プラントデータ(温度、圧力、流量、回転数、振動数、設備稼働状態、制御設定値、プラント操業状態等)とカメラの動画やサーモカメラの映像をSCADA(Supervisory Control And Data Acquisition)システムで融合させ、同一画面に表示させることにより、工場内で起きている事象を一元可視化・集中監視化させるものです。

その特徴として8っの特徴を持ちます。
1) データとライブ動画をワンクリックで表示
2) 同時日時のデータ、録画動画を閲覧
3) 様々な種類のデータと動画を同時表示
4) 過去と直近のデータ&動画の比較
5) 海外工場を含め、ライブ動画を見ながら、遠隔操作を行うことが可能
6) SCADAをベースにしているので、監視画面の制作が容易に可能
7) 複数メーカーのPLC/DCSやカメラを接続可能
8) データ/録画をエクセルシートで管理

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー

OSIsoft Japan株式会社

PI system

製品画像

PI Systemはオペレーションデータを一元的に記録するシステムです。オペレーション担当者は、データをリアルタイムで視覚化し、プロセス効率の改善、アセットの最適化、持続可能なオペレーションを実現することができます。

また、PI Systemはビッグデータアーキテクチャをサポートし、効率的で拡張可能かつ柔軟な方法で「直ちに分析できるデータ」をストリーミングします。

さらに、データサイエンスの洞察をオペレーションに活かすために必要な時間を短縮すると同時に、予測をPI Systemに戻し、オペレーション担当者の意思決定を支えることが可能です。

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー

この記事に関連するオンライン展示会