武蔵野ファインガラス株式会社

ガラスの薄型化加工(スリミング)


ガラスの薄型化加工(スリミング)
ガラスの薄型化加工(スリミング)
ガラスの薄型化加工(スリミング)
ガラスの薄型化加工(スリミング)
100%社内ブレンドによるケミカル液を用いてガラス表面を研磨し、モバイル端末の液晶基板、LCDパネル等の薄型化に対応。当社では様々なガラス材質や、1枚からの加工も対応し、お客様に満足してもらえる製品を提供しております。

ガラスの薄型化加工(スリミング)の詳細

パネルのスリミング加工

UV封止硬化樹脂にて外周部をシーリングして加工致しますので、浸み込みがありません。

 

タッチパネルの片側250μmスリミング

 

400×530×1.1t/0.4t ⇒ 400×530×1.1t/0.15t

 

LCDパネルの両側350μスリミング

 

420×530×0.5t/0.5t ⇒ 420×530×0.15t/0.15t

 

OLEDパネルの両面400μmスリミング

 

370×470×0.4t/0.4t ⇒ 370×470×0.1t/0.1t

 
パネルのスリミング加工

ガラス単板の超薄型スリミング加工

 

超薄型のカバーガラス用途として、板厚50μmへのスリミングに対応致します。
Foldable Phone用CG 370×470×50μmt ※30μmt 試作実績有

 
ガラス単板の超薄型スリミング加工
 
対応可能ガラス アルカリガラス
無アルカリガラス
耐熱ガラス
石英ガラス
光学ガラス
※これら以外のガラス品種であっても、対応検討致しますので、ご相談ください
対応可能サイズ MAX 370X470
対応可能厚み 370X470 / 100μm ~100X100 / 50μm
※加工可能なサイズは仕上がり板厚により変わります。対応表は一例ですので詳細はご相談ください。
用途・適用分野・応用分野 湾曲ディスプレイ
ガラスフィルム
有機EL照明
スペーサー  

ガラスの薄型化加工(スリミング)のサービスメニュー

ガラスの薄型化加工についてメールで質問・相談

ガラスの薄型化加工についてメールで質問・相談

担当者へ直接質問や相談ができます。

「ガラスの薄型化加工」について武蔵野ファインガラス株式会社の担当よりご回答させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

メール相談

武蔵野ファインガラス株式会社

武蔵野ファインガラス株式会社

独自のエッジング技術で精密穴加工を実現

当社は、1988年の創立以来ガラスの加工を生業として参りました。2002年より業容拡大を目指して、フッ酸によるガラスの加工を開始し、タッチパネルの薄型化、OLED用封止ガラス等アプリケーションを広げて参りました。

現在ではスマートフォン市場の成長と自動車のIT化の流れを受け、これまで培ってきたエッチング技術を活かしたガラスのケミカルカット、超薄型化スリミング加工、アンチグレア処理で最先端分野での御客様の開発のお手伝いをさせて頂いております。

「お困りの事が有れば、是非一度、お問い合わせください。」

出展団体情報

出展団体名武蔵野ファインガラス株式会社
所在地350-1155 埼玉県 川越市下赤坂 617番地3号
設立年月1998年02月
従業員規模11名-50名
URLhttp://www.mfg.jp