事業継続に有効なBCP対策とは? BCP対策の概要と取り組みの流れ、関連おすすめ製品をご紹介

事業継続に有効なBCP対策とは? BCP対策の概要と取り組みの流れ、関連おすすめ製品をご紹介
BCPとは「事業継続計画」を意味し、Business Continuity Planの頭文字から取られた言葉です。テロ・災害・不祥事・システム障害等の、企業における緊急事態に対する企業防災や対応策をまとめた計画を指します。この記事では、事業継続に有効なBCP対策の概要と取り組みの流れをご紹介します。

BCPとは?

BCPとは「事業継続計画」を意味し、Business Continuity Planの頭文字から取られた言葉です。テロ・災害・不祥事・システム障害等の、企業における緊急事態に対する企業防災や対応策をまとめた計画を指します。
近年、企業のBCPへの取り組みが重要視されています。この記事では、BCPが注目を集めている背景や、企業がBCPを行うメリット、BCP策定の流れ等をご紹介します。

プラスチック・樹脂は、成形加工・切削加工・3Dプリント・曲げ加工・接着加工など様々な工法によって加工を施され、幅広い用途で使用されています。
日常生活においては、フライパン・鍋・ラップフィルム・ペットボトル容器等の台所用品類、消しゴム・定規等の文具類、電化製品の一部など、あらゆるシーンでブラスチックが活躍しています。

BCPが注目を集めている背景

企業にとってBCPへの取り組みは「守り」の姿勢と言えます。直接利益を生む取り組みではなく、緊急事態に企業活動を維持するための対応策であるからです。このような守りの姿勢が重要視されるようになった背景には、「自然災害の頻出」や「パンデミックに向けた対策の必要性」が挙げられます。

BCPが注目を集めている背景

自然災害の頻出

日本は元々、地震・台風等の自然災害が多い国です。それに加え、地球温暖化の気候変動を要因として豪雨等の災害も頻出するようになっています。
自然災害が起こった際にインフレの供給が止まってしまうと、多くの企業が通常通りの活動を行うことができなくなります。仮に直接的な被害を受けなかったとしても、取引先が被災をしていたり、自粛ムードが強まったりすることで、事業の継続が困難となるケースも考えられます。このような自然災害における非常時に際し、そのタイミングで右往左往せずに済むように、ある程度シミュレーションをして方向性を定めておく必要があります。

パンデミックに向けた対策の必要性

新型コロナウイルスの発生により、パンデミックに向けた企業対策の必要性も認知されるようになりました。

刻一刻と状況が変化しやすい感染症対策は唯一無二の正解が無い難しさがあります。例えば、従業員の家族や同居人に感染者が出た場合の対策と、従業員本人に感染が出た場合の対策にどのような差を設ければ良いのか、あるいは社内で集団感染が起こった際に適した対策はどのようなものか、など、状況の変化に応じて判断が求められます。そのため、ある程度のシミュレーションを事前にしておくことで、枝分かれする状況により素早く判断を下せるようになります。

BCPの関連語句との違い

BCPについて考える際に、BCMや防災といった関連する概念と混同されるケースがあります。

BCPとBCMの違い

BCMとは「事業継続マネジメント」を意味し、Business Continuity Managementの頭文字から取った言葉です。BCPは緊急事態における事業継続のための計画であるのに対して、BCMはその計画も含めて企業体制の全体を管理・マネジメントすることを指します。つまり、BCMの一部にBCPが含まれていることになります。近年ではBCMよりもBCPの方が世間的には注目を浴びている印象がありますが、あくまでBCPはBCMの一部部分であるため、平時の運用にも関わるBCMの全体像を意識することが重要です。

BCPと防災の違い

また、BCPが災害時における対策であることから、BCPと防災の考え方が混同されるケースもあります。しかし、BCPは企業の事業継続に影響がある災害が実際に発生した際の対策であるのに対し、防災は災害を未然に防ぎ、被害の拡大を回避する目的を持ちます。
つまり、緊急事態が発生した直後に機能をするBCPと比較して、防災はそのタイミングが異なっているのです。

企業がBCP対策を実施するメリット

企業がBCP対策に取り組むことで得られるメリットをご紹介します。

企業がBCP対策を実施するメリット

既存顧客を逃さない

企業が被災した際に受ける最も大きなダメージの一つは、顧客との取引が停止してしまうことです。もちろん緊急事態のため、安全第一の観点から事業を停止せざるを得ないケースもありますが、例えば取引先の企業が災害と無関係の場合は継続した関係を望んでいると考えられるため、できるだけ事業を再開するまでのスピードを早めたいところです。既存顧客にとっても新しい取引先を探すことは労力となるため、できるだけ早く事業を再開することで、現状の市場シェアを維持できる可能性は高まります。
また、緊急事態における迅速な対応は、長期目線では周囲の評価が向上することに繋がると考えられ、投資家の評価基準にプラスに作用する効果も期待できます。

従業員の心的安心感を強める

新型コロナウイルスの流行が示している通り、従業員は災害時に給与や雇用の面での不安を抱えるものです。そのため、災害時でも事業継続を見込める指針をあらかじめ従業員に共有しておくことで、従業員が安心して日々の仕事に打ち込むことができるようになります。結果、生産性のアップにも繋がるため、企業全体の利益としても返ってきます。

BCP策定の流れ

企業がBCPを策定するために必要な手順をご紹介します。

BCP策定の流れ

基本方針を定める

BCPを策定するにあたって、まずはその目的や方向性を定める必要があります。もしもBCMが既に定まっている場合は企業方針の全体像が明確になっているため、そこに沿って緊急時における対策の方向性を定めます。
災害時の対応として企業が定める方向性はそれぞれの事業形態によって異なりますが、例えば「リーダー・プロジェクトメンバーは誰か?」「非常時の最低目標・最高目標の設定は何か?」「顧客との利害関係は整理できているか?」の観点を重視して、BCPの基本方針を考えてみると良いかもしれません。

優先順位を決める

明確にした事業影響度(BIA)をもとに、対応すべき優先度を決めます。例えば、情報系を扱う企業の場合はシステムの復旧が第一に優先されるかもしれませんし、飲食店の場合は食材ルートの確保や営業計画の策定が優先される事項かもしれません。 また、災害によって受ける影響度とは別に、単純に事業そのものの優先度を明確にしておくことも有効的です。特に複数の事業を並行して進行している企業の場合は、どの事業を優先的に復旧しておくかをあらかじめ共有しておく必要があります。

計画書の作成

明確にした基本方針・災害時の影響度・優先順に沿ってBCPの計画書を策定します。具体的には、「誰が」「どのように指示を伝えて」「個々がどのように行動を起こすか」を具体的に記しておきます。また、この際に災害発生から復旧までの段階度に分けて指示系統を明確にしておくと非常に有効です。

さいごに

企業はBCP対策を取り入れることによって、災害時の復旧スピードを早めることができるのはもちろんのこと、既存顧客の流出を防ぎ、従業員の生活を守ることにも繋がります。
有効なBCP対策の立案のためには、災害時におけるリスクと影響度明確にし、適切な優先度を決める必要があります。まずは自社の事業とリソースと指示系統を把握することから始めてみてはいかがでしょうか。また、BCP策定のために有効なツールやソリューションを取り扱っている企業も多数あるため、そのようなサービスを活用してみるのもおすすめです。

「BCP対策」関連おすすめ製品

ダイナエアー株式会社

リキッドデシカントエアハンドリングユニット(BCP対策)

製品画像

避難所での空気環境の課題を解決する空調機

災害避難所に指定されている体育館などの施設では、暑さ寒さ対策、感染症防止、塵埃の侵入防止、ユーティリティーの使用を最小限にしなければならないなど、多くの空調課題を抱えています。
前もって設置された空調設備による温度管理が望ましく、十分な換気と適正な湿度の維持が避難生活を続ける上で求められます。

ダイナエアーのリキッドデシカント空調機は、液体調湿剤を使用する調湿空調機です。
液体調湿剤の温度と濃度を制御することで接触する空気の温度と湿度を自由にコントロールし、強力な除湿・加湿能力を発揮します。
液体調湿剤には除菌効果があり、除塵・除菌した外気を除加湿し、室内に取り込むので、調湿された清浄空気を室内に満たします。

また高効率なヒートポンプからの熱源が使用できるのでエネルギー消費量が少なく、避難所での空調全体の運転エネルギー抑制に貢献します。

詳細を見る

株式会社セキュリティハウス・センター

炎センサーシリーズ

製品画像

炎センサーなら小さな炎を見逃しません

本システムは、小さな炎を瞬時に検知し、事務所や詰所で監視できるシステムのため、炎を早期発見することで、火災に至る前の初期段階で対処することができます。

昨今の工場は、自動化による省人化がすすみ、以前に比べて人の目が少なくなったことが、発火した際の発見の遅れにつながっていると指摘されています。

詳細を見る

イグス株式会社

e-spool™ flex 2.0

製品画像

もうケーブルには躓かない:イグスのケーブルリール”e-spool™ flex 2.0”

制御盤のコードなどに躓いて、ヒヤリとしたことはありませんか?

移動式のコントロールパネル等のケーブルは、不使用時にはそのまま床に置かれケーブルに躓く原因となってしまうことがあります。また、ケーブルを掛ける場所があってもその処理に時間がかかってしまうことも。

e-spool™flex 2.0(イースプール フレックス 2.0)は、スリップリングのないコードリールのイグスバージョンです。使わないときはコンパクトに巻取り、使う時は自由に引き出すことができます。また各種ホースにも対応します。

詳細を見る

株式会社セキュリティハウス・センター

倒れコールシステム

製品画像

万が一のために、倒れコールをご利用ください。 従業員を守ることができます。

本システムは、人の転倒(倒れ)を検知し、無線信号を自動送信します。
同時に大音量の警報音で周囲に報知します。
緊急事態を早期発見することで、すぐに対処することができます。

詳細を見る

株式会社アイランドシックス

リアルタイムロケーションシステム AeroScout(エアロスカウト)

製品画像

Wi-Fiを用いたリアルタイム位置検知・IoT 可視化ソリューション

エアロスカウトは、Wi-Fiインフラを活用してリアルタイムにヒトやモノの位置や状態を正確かつ自動的に検知・把握することができるシステムです。
従業員やビジターの所在・安全を把握・確保し、重要な資産の管理もできる、安全性と効率性を高めるための最適化ツールをご提供します。
【特長】
■世界各国で数千の導入実績
■エンタープライズグレードのオープンRTLS・IoTプラットフォーム
■幅広い用途に適用可能なアプリケーション

【AeroScout(エアロスカウト)製品紹介ページ】
https://aeroscout.jp/

詳細を見る

正和電工株式会社

バイオトイレ「Bio-Lux(バイオラックス)」

製品画像

水を使わない、自己完結型の新型トイレ

Bio-Luxは水は使わず普通のオガクズを使用し、特別な菌は不要でトイレットペーパーも分解できる、自己完結型の新型トイレです。

使用後は運転ボタンを押すとスクリューが回転し、槽内のオガクズが攪拌されます。オガクズの交換は年に2~3回(全量交換)で、使用後のオガクズは有機肥料として活用することができます。処理能力の違いで機種が多くあり、バイオトイレ本体の他に、仮設トイレ(ログハウス風、サイディング、女性専用等)もあり、1日の使用回数と設置場所の景観に合わせた機種を提案できます。

トイレはバイオトイレで、生活雑排水は雑排水専用の浄化装置(バイオラックスウォーター)で処理すれば下水道不要の住環境を提案することが出来ます。

詳細を見る

株式会社関電エネルギーソリューション

ユーティリティサービス®

製品画像

エネルギー設備の設計から保守までトータルサポート

「初期費用なしで脱炭素実現に向けたサービスを導入したい」、「最新の省エネ設備を構築し、エネルギーに関することをすべてアウトソーシングしたい」などのさまざまなお客さまのお悩みに対し、オーダーメイドのソリューションをご提案いたします。

お客さまの施設(ビル・商業施設、病院・福祉施設、工場など)で空調、給湯、照明、動力などを利用するために必要となるユーティリティ設備(エネルギー関連設備、太陽光発電設備、蓄電池など)について、Kenesが設計・資金調達・建設を一貫して担い、完成後の運転・保守管理に至るまでのサービスをトータルでご提供します。サービス導入メリットとして、初期費用不要で最新の設備を導入し、設備維持コストの平準化が可能です。

Kenesのエネルギー分野の専門的知見を活かしたアウトソーシングにより、エネルギーマネジメントによる省エネ・省コスト・脱炭素の実現が可能です。また、24時間全国どこでも遠隔監視の安心のサポート体制です。

詳細を見る

この記事に関連するオンライン展示会