GFRP(ガラス繊維強化プラスチック=ガラス繊維強化樹脂)とは? その特性と用途をご紹介

GFRP(ガラス繊維強化プラスチック=ガラス繊維強化樹脂)とは? その特性と用途をご紹介

繊維強化樹脂(FRP)の種類

FRPとは繊維強化樹脂のことであり、Fiber Reinforced Plasticsの頭文字から取った略称です。繊維と樹脂が複合された材料のことを指します。
軽量かつ耐久性に優れていることとから、浴槽や洗面台等の建築材料、公園の遊具、ゴルフクラブ等のスポーツ用品、航空機、船舶、自動車の外装など、非常に幅広い用途で用いられています。
代表的な繊維強化樹脂(FRP)としてはGFRPとCFRPが挙げられますが、その他にもAFRP・DFRP・ZFRP・BFRPといった種類があります。

繊維強化樹脂(FRP)の種類

GFRP(ガラス繊維強化プラスチック)

Glass-Fiber-Reinforced Plasticsの頭文字を取った略称。ガラス樹脂を、エポキシ樹脂・ポリエステル樹脂・フェノール樹脂・ビニルエステル樹脂等で固めたものです。
FRPの種類の中では比較的安価であるため、最も広く普及しています。

CFRP(カーボン繊維強化プラスチック)

Glass-Mat reinforced Thermoplasticsの頭文字を取った略称。金属類と同等の硬度がありながらも軽量であるという特性を持ちます。
スポーツ用品から、航空機の期待、船舶の船体など、幅広い用途で用いられています。

AFRP(アラミド繊維強化プラスチック)

Aramid Fiber Reinforced Plasticsの頭文字を取った略称。アラミド繊維が切れにくく強度に優れているという長所を持つ一方で、その特性がゆえ自由な形状に加工にしくいネックもあります。

DFRP(ダイニーマ繊維強化プラスチック)

Dyneema Fiber Reinforced Plasticsの頭文字を取った略称。強度性と熱伝導性に優れた特性を持ちます。

ZFRP(ザイロン繊維強化プラスチック)

Zylon Fiber Reinforced Plasticsの頭文字を取った略称。ザイロン繊維よる強化によって、強度性に優れ、難熱性を有する特性を持ちます。

BFRP(ボロン繊維強化プラスチック)

Boron Fiber Reinforced Plasticsの頭文字を取った略称。強度があり、対弾丸性に優れていることから、軍事兵器に活用されるケースがあります。

GFRPとは?

FRPの中で最も安価で、広く一般的に普及しているのがGFRP(ガラス繊維強化プラスチック)です。

GFRPとは?

形状の自由度が高い

GFRPは形状の自由度が高い特性を持つことから、美観が求められる船舶・航空機・自動車等の外装パートの製品化に際して重宝されています。

電波透過性に優れている

電波透過性に優れていることから、通信システムのアンテナカバー等に用いられています。

耐食性に優れている

無機質なガラス繊維とポリエステル樹脂の複合材料であるFRPは耐食性に優れていることから、酸化しくく錆びにくい特性を有しています。

GFRPの用途例

強度があり、軽量でコストパフォーマンスに優れたGFRPは非常に多くの分野で活用されています。

GFRPの用途例
  • 自動車、航空機、船舶、鉄道等の部品や機体
  • テニスラケット、ゴルフクラブ、サーフボード等のスポーツ用品
  • 浴槽や洗面台等の住宅設備機器
  • 公園遊具やベンチ
  • 通信用アンテナ、レーダードーム
  • プリント基板 等

さいごに

GFRPをはじめとしたFRP樹脂は、化学技術の発展により、開発が進み市場が大きく拡大してきている分野です。既に私たちの暮らしの中にも、FRP成形によって作られた製品が幅広く普及しています。 しかし一方で、樹脂の成形には成形に関する知識や技術が求められるため、FRP樹脂の成形を検討されている場合は、FRP成形を取り扱っているメーカーに問い合わせてみることをおすすめします。

GFRP関連おすすめ製品

大塚産業マテリアル株式会社

不織布成形技術

製品画像

不織布の特徴を最大限に生かし、お客様の求める価値を最大限に創出します。

弊社の不織布成形技術は自動車をはじめとした様々な分野に展開しております。

不織布には幅広い分野で活躍できる柔軟性があり、それを弊社の加工技術によって機能性、デザイン性また独創性を持った製品を創出することができます。さらに連続成形や4方向逆テーパー成形、また深絞り成形といった様々な技術を用いることで、生産性・独自性を合わせ持っております。

この技術を用いて、普段目に見えない自動車や鉄道の内装部品や複雑な形状の梱包材、さらにはバスケットやモバイルバッグなどの目に見える製品といった幅広い分野でこの技術は活用することができます。

さらにこの技術はプラスチックやフィルムなどの熱可塑性を持つものと不織布を組み合わせて成形することも可能となっています。

この技術を生かして弊社はお客様と用途開発を行い、デザイン性があり、機能性がある新しい価値をお客様にご提供致します。

詳細を見る

富士無線機材株式会社

創業70年 「プラスチック成形・金属加工」

製品画像

高品質の樹脂成形品と金属加工品

当社は、日進月歩の技術確信、絶えず変化する市場動向を視野に、皆様にご安心いただける製品を提供してまいりました。
様々なニーズにお応えするため、富士通グループの協力工場として蓄積されたノウハウや技術を生かして、クオリティの高い製品を生産することを使命としております。

近年は特に、エレクトロニクス業界のみならず自動車業界、医療業界での実績も増え、幅広い業界でお役に立てる自信がございます。
また、自社企画開発製品も多数ございますので、この経験を生かし、企業様と新しい製品を生み出すためのご提案もさせていただきます。お気軽にご相談ください。
※小ロッド・短納期製品もぜひご相談ください。

詳細を見る

三光化成株式会社

プラスチック射出成形のトータルメーカー

製品画像

【国内10拠点】 精密部品から自動車部品まで!  射出成形はお任せください!【850tonまで保有】

三光化成は創業57年を迎えた樹脂の射出成形メーカーです。

弊社の大きな特色は――

15~850tonの幅広い成形機による対応力
・大型自動車部品から精密ギアまで、様々なサイズに対応

国内10拠点+海外3拠点に展開する生産インフラ
・東は青森/西は広島まで、広範囲のエリアをカヴァー
・納入場所の近くで成形し、輸送費を削減
・多くの生産拠点を構えているためBCPの観点からも安心

自社の金型工場での技術開発
・メッシュ一体成形や微細パターン成形など独自の技術を開発

各分野の品質要求に応える工場体制
・小さな精密部品から大きな自動車部品まで対応
・PPAP対応
・画像検査機、全数リーク試験など自動化も推進

金属/樹脂3Dプリンターなど最新機器を積極導入
・金属3Dプリンターによるパーツ作成で安定した成形を実現

お見積り、工場見学など、お気軽にお声がけください。

詳細を見る

この記事に関連するオンライン展示会