在庫管理とは?目的や管理方法と在庫管理システムおすすめ製品5選

在庫管理とは?目的や管理方法と在庫管理システムおすすめ製品5選
在庫管理とは「必要なものを・必要なタイミングで・必要な量だけ」供給できる在庫状況を常に保っておくことが求められます。
この記事では、在庫管理の目的から、おすすめの在庫管理システムをご紹介しています。

そもそも「在庫」とは?

在庫とは、原材料・仕掛品・製品など、企業が保有している流動性のある資産を意味します。

在庫は持ちすぎてしまっても、持たなすぎてしまっても、経営的な観点においては好ましくありません。小売業なのか、あるいは製造業なのかでも条件は変わりますが、常に原材料・仕掛品・製品の在庫状況を最適なものにしておく必要があります。

在庫管理とは?

在庫管理とは?

つまり在庫管理とは、企業が保有している流動的な資産(在庫)を最適な数量に管理することです。もう少し踏み込んだ言い方をすれば、「必要なものを・必要なタイミングで・必要な量だけ」供給できる在庫状況を常に保っておくことが求められます。

在庫管理で重要なのは、「現状の在庫把握(在庫数管理)」と「需要予測(在庫引当)」に基づいた在庫数コントロールです。つまり、今充足しているから問題がないという考え方で管理をするのではなく、予測される未来の需要を見込んで常に在庫状況を管理しておくことがポイントになります。

在庫管理の目的

在庫管理の目的

適切な在庫管理を行うことは、企業の利益に直接的な良い影響を与えます。

ここでは在庫管理の目的として、「余剰在庫の削減」「生産性の向上」「コストの削減」「品質の安定化」「キャッシュフローの改善」の5つをご紹介します。

余剰在庫の削減

販売情報の実績から需要予測を立てやすくなるため、余剰在庫が少なくなります。
しかし、最低限の仕入調達で需要に応えることができる在庫状態は確かに理想的ではあるものの、急な発注等に対応しきれないリスクも兼ね備えています。

そのため、製造部門・販売部門・仕入部門等の、各部門が連携をして余剰在庫の適正値を定めておくことが重要です。

生産性の向上

例えば、バーコードなどを製品に貼り付け、そのスキャンデータを在庫情報として紐付けることで、リアルタイムに在庫状況を把握することができます。

紙面やエクセルでの管理に比べてタイムラグを解消することができるため、結果的に生産性の向上に繋がります。

コストの削減

在庫を過剰に抱えることは、コストの増加に繋がります。倉庫状態を保つための光熱費や人件費等の維持費がかかるだけでなく、在庫を廃棄するためのコストも発生するからです。

しかし前述したように、余剰在庫は急な発注に対応するためにある程度のバッファを設ける必要があります。そのため、廃棄となった在庫と需要予測を基に適正な在庫状態を調整していく必要があります。

品質の安定化

倉庫内で長いこと保管をしている場合は、製品の品質低下にも考慮する必要が出てきます。具体的には、倉庫間での出し入れを繰り返すことによって生じる製品の劣化や、異物混入へのケア、湿気や乾燥対策など、配慮する内容は多岐にわたります。

このような製品劣化によって企業のイメージを低下させないためにも、適正な在庫量を保つことが大切です。

キャッシュフローの改善

在庫の保存期間と価値の変動は密接に関係しています。つまり、抱えている在庫は利益への対価となるもののため、倉庫に保存されている期間が長ければ長いほど逆に負債へと変化する資産でもあるということです。

そのため、適切な在庫管理を行うことは、在庫を現金化するためのキャッシュフローが改善されることを意味します。

在庫管理の手法

在庫管理の手法

在庫管理は、需要の見込みと現状の生産量に基づいて判断を行います。

そのため、情報をデータとして可視化して把握する必要がありますが、その代表的な手法としては「エクセルの活用」と「在庫管理システムの活用」が挙げられます。

エクセルによる在庫管理の特徴

従来の在庫管理の手段としては、エクセルの活用が主でした。エクセルは一般的に普及しているツールであるため修正がしやすく、コストがかからないというメリットがあります。

その一方で、人が入力を行うエクセルを用いる限りはヒューマンエラーを避けることはできません。また、運用を行うエクセルファイルは統一する必要があるため、誰もがリアルタイムで修正を行えないという「共有性」の面でのデメリットがあります。

在庫管理システムによる在庫管理の特徴

在庫管理にまつわる業務を標準化し、適宜変化する在庫状態を一元管理できるのが「在庫管理システム」です。

在庫管理業務を標準化できる
在庫管理は製品の受発注に直接関わる業務であるため、特に属人化を防ぐ必要があります。それぞれの担当者がそれぞれの判断で在庫管理を行ってしまうと、適切な在庫状態をいつまでも把握することができないからです。
そこで、在庫管理システムを活用することで、管理業務のフローを一連のものとして可視化し、精度の高いマニュアルを作成することができます。また、そのマニュアルに沿って業務内容をシステムに記録していくことで、在庫状態の共有ができるばかりか、改善案の立案などの運用改善にも役立てることができます。
在庫状態の変更にも柔軟に対応できる
在庫の状態は製造の遅れや受発注の変更、需要見込みのズレなど、様々な要因に影響を受けるものです。その都度、紙面やエクセルに入力をしていくフローだとタイムラグが発生しやすくなります。
しかし、在庫管理システムを活用することで、ある程度の処理内容は自動で反映することができたり、イレギュラーな対応も瞬時に共有することができるようになります。

適切な在庫管理を実現して製造現場の生産性を向上させる?

在庫管理を適切に行うことによって、コストの削減や生産性の向上、キャッシュフローの改善などを実現することができます。

在庫管理にまつわる業務や必要な情報・データは多岐にわたりますが、前述した「在庫管理システム」の導入はこれらの課題に大きく貢献します。まずは、自社の生産現場における在庫管理業務を洗い出し、その内容にマッチした在庫管理システムを選ぶようにしましょう。

在庫管理システムおすすめ製品5選

株式会セイノー情報サービス

生産管理パッケージ「SPENCER」

製品画像

製造業に必須の計画管理、実績管理、原価管理の機能を網羅しており、最適な生産や調達の手配、作業指示に基づいた確実な生産作業を支援します。
既に他の生産管理システムを利用している企業は、必要に応じてSPENCERの計画管理・実績管理の機能をコンポーネント単位で利用できます。

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー

株式会社システムベース

Telegno-SYS

製品画像

『Telegno-SYS』は、使いやすいMRP機能を有したシンプルな機能の生産管理システムです。
工程毎の原価差異を把握出来るオプション、人の手を介さず製造装置から実績を収集するオプションを新たに追加し、更なる業務改革を当システムが実現します。

【特長(導入効果)】
■グラフィカルな表示で異常を把握し、次の行動を取ることが可能
■使いやすいMRP機能で集計作業時間を短縮
■的確な進捗管理で管理効率UP
■原価分析を行い、製造方法や仕入先見直しなどの対策がしやすくなる ※原価管理オプション
■製造装置からPLC経由で実績を自動取得し、チョコ停の検知、段取り時間を把握し稼働率改善に繋げる ※実績収集オプション
■多角的に作業負荷状況を見える化 ※小日程計画オプション

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー

株式会社サンクレエ

スマホde在庫管理®

製品画像

高額なハンディーターミナルを使わなくても、バーコードによる在庫管理は可能です!
ハンディーターミナル(簡易ツールによる開発)を使ったご説明とスマートフォンを使ったご説明をします。
「スマホde在庫管理®」はもっとも手軽で簡単な在庫管理システムです。

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー

ビス株式会社

製造業向けソリューション

製品画像

ビス株式会社のソリューションは、
■製造業様への生産性向上、利益拡大を目的としたコンサルティングからシステム企画、導入支援、運用およびアフターサポート
■BCPやSecurityソリューションを主体とした、情報漏えい対策や危機管理対策として、ハードからソフトおよび教育管理などのトータル的な支援
など各種法人の皆様へ幅広く、貢献いたします。

パートナー企業との協力により、一貫した体制を築き、トータルソリューションとして、短期間、短工数で最適なしくみ作りをお手伝いいたします。

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー

合資会社アイメディア

ERiPS

製品画像

ERiPSは、パッケージでありながら、お客様ごとにフルカスタマイズしてお使いいただける製造業向け生産管理システムです。
データはサーバに集中管理し、クライアント数は無制限。理想的な社内ネットワークが構築いただけます。
受注情報から工程管理、納品・請求までの基幹システムを軸に実績収集と蓄積されたデータを活用することで、需要予測や生産計画へとシステムの活用範囲を動的に拡大できます。
ERiPSのメンテナンス契約では、集計機能の追加や帳票の変更といった、小規模の改修については年間費用に含んでいますので、ユーザー様の予算や計画にやさしいシステム運用を実現しています。

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー

この記事に関連するオンライン展示会