製造業における生産計画の重要性とは? 生産計画の分類と実現に向けたおすすめ製品をご紹介!

製造業における生産計画の重要性とは? 生産計画の分類と実現に向けたおすすめ製品をご紹介!
生産計画とは「いつまでに、どれくらいの量を生産するのか」に関する計画のことを指します。
製造業において生産計画は極めて重要性の高いものです。この記事では生産計画の概要と、生産計画をスムーズに実行するためのポイントと、おすすめの生産管理システムをご紹介いたします。

なぜ、製造現場では「生産計画」が重要なのか?

生産計画とは?

生産計画とは「いつまでに、どれくらいの量を生産するのか」に関する計画のことを指します。

製造業において生産計画は極めて重要性の高いものです。というのも、生産計画を丁寧に行わなければ、在庫に過不足が発生したり、製造を行うための部品調達に乱れが生じたり、ひいては納期に間に合わなくなる事態が起こり得るからです。
そのため、生産計画の概要と、生産計画をスムーズに実行するためのポイントをご紹介いたします。

期間の長さによる生産計画の分類

期間の長さによって変わる生産計画

生産計画は、その計画期間の長さによって「大日程計画」「中日程計画」「小日程計画」に分類されます。以下にその概要を紹介します。

大日程計画

大日程計画は、経営計画に基づいて立案される生産計画です。具体的には半年から1年ほどの期間に関する生産計画を意味します。

大日程計画を立案することにより、大まかな需要予測に対しての対応策を事前に講じることができます。見込まれる需要とそれに基づく生産計画に対してリソースに無理はないか、不安がある場合は物的リソースと人的リソースに調整を行います。

大日程計画で考えることについての例
  • 設備の維持、あるいは新規投入に関する計画
  • 製造ラインの見直し
  • 採用や育成プランの立案、人員配置の見直し 等

中日程計画

中日程計画は、1〜3ヶ月間程度の計画期間です。毎週、あるいは毎月ごとの頻度で生産量に関する計画の見直しを行います。

中日程計画で考えることについての例】
  • 生産品種と生産量の確定
  • 仕入れ先と仕入れ量の決定
  • 人員配置の決定と余力分配の算定 等

小日程計画

小日程計画は、1週間〜1ヶ月間程度の計画期間です。毎日、あるいは毎週ごとの頻度で見直しを行います。

大日程や中日程と大きく異なる点としては、製造現場はもちろんのこと、各部門ごとで実際に作業が実施されることを考慮しなければならない点です。そのため、小日程計画はより複雑な計画が求められます。

小日程計画で考えることについての例
  • 現場作業員の割り当て / 配置
  • 生産設備の割り当て / 配置
  • 納期に照らし合わせた進捗度の確認 等

生産計画をスムーズに実行するための3つのポイントと、ソリューションとして有効な生産管理システム

生産計画をスムーズに実行するためのポイント

4Mの明確化と準備

生産計画を着実に実施するためには、必要なリソースを適切に準備をすることが欠かせません。

リソースには、人員(Man)・設備(Machine)・手順(Method)・材料(Material)が含まれており、4つを合わせて「4M」と呼びます。これら4つのリソースを最適に準備しておくことで、計画に基づいた製造現場への配置が実現されるのです。

人員の準備

計画通りの生産を実現するために必要なスキルや作業者数を算定し、採用や育成の準備をします。

設備の準備

既存の製造ラインを基に設備の状態やシステムを見直し、最適な構成を準備します。

手順の準備

具体的な製造(組立・加工)の方法や運搬までの工程を見直し、最適な手順を準備します。

材料の準備

必要となる部品や原材料の数量・仕様・規格などを確認し、準備します。

バッファを用意しておく

計画では常にバッファ(余裕)を設けておくことが重要です。特に製造現場では設備の不具合や急な欠員など、不意のトラブルを避けることができません。

何に対してバッファを設けるかに関しては、各現場のリソースによって異なるため、設備や人員の状況を常に把握し、適切なバッファを設定する必要があります。

生産管理システムの活用

期間別の生産計画(大日程計画・中日程計画・小日程計画)について前述しましたが、実際の生産計画はさらに部門ごとや業務内容ごとに立案されます。また、期間別の計画も、部門・業務別の計画もそれぞれに関わり合いがあるため、有効なスケジューリングを立てることは非常に複雑な作業となります。

そこで、生産計画を立案・実行するためのソリューションとして「生産管理システム」の導入をおすすめします。
生産管理システムを導入すれば、内容が多岐にわたる複雑な生産計画をデータとして一元管理できるからです。生産管理システムを提供するメーカーは数多くありますが、それぞれが持つ特徴や強みは異なるため、自社の製造現場に適した特徴を持つシステムを選ぶ必要があります。

おすすめの生産管理システム5選

株式会社シスディブリンク

現場主導型生産管理システム

製品画像

これまでの生産管理システムは、管理者が一度決めたスケジュールに則って製造現場が動く「管理主導型」でした。それに対し、流動的・変則的な生産活動が求められる現場のために開発されたシステムが「現場主導型生産管理システム」です。

従来のトップダウン型の生産管理システムとは異なり製造現場主導で指示や計画を作成・変更できるシステムとなっており、本当の意味での見える化・生産効率の向上を実現できます。

本システムは機能別の部品から成り立っており、カスタイズや、他システムとの連携することを前提に作成されています。そのため、現在ご利用中の基幹システムやERPと連携してご利用頂くことが可能です。

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー

日本ノーベル株式会社

Factory Conductor

製品画像

Factory Conductorは、製造の進捗状況、品質データや履歴情報を、リモートかつリアルタイムで管理する、製造実行システム(MES : Manufacturing Execution System)です。製造の実態が見えることで、適切でタイムリーな改善が可能となります。

当社は、システム開発者がお客様の元に常駐する体制を基本としています。現場の細かいご要望や、システムのコストダウンのご相談にもお応えしてまいります。

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー

CMA株式会社

OthelloConnect(オセロコネクト)

製品画像

OthelloConnecは、中小企業では導入しづらかった、生産管理・販売管理をクラウドで使用できる新しいシステムです。
自社内にサーバーが不要で、情報システム部や専任に担当者が不要でお使い頂く事が出来ます。

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー

ITbookテクノロジー株式会社

IBT-クラウド7

製品画像

ITbookテクノロジーが提供する​「IBT-クラウド7」は、ERP×Agile×Cloud×Secureを組み合わて「熟知、迅速、柔軟、安全」をコンセプトとして製造業様の販売や生産管理へジャストフィットさせ、​持続的成長と安定した経営を支えるクラウド型ERPパッケージです。

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー

株式会社ユニフェイス

IB-Mes

製品画像

最近ではスマートファクトリーやIoTという言葉もすっかり浸透しましたが、みなさん、MESってご存知ですか?
MESは工場の様々な情報を収集し、問題点の早期把握・対策・改善に役立つシステムです。
広義では生産管理システムの一つですが、生産の工程と連携できることが特徴で、生産の進捗や品質、設備の管理など様々な機能があります。

生産管理システムを管理サイドの基幹システムとすると、製造実行システムは現場サイドの基幹システムと言えます。
生産管理システムと製造実行システムが互いに連携し、現場と管理が繋がり、仕組化されることにより、一過性の改善ではなく会社としてのベースの力となり想像もつかない効果を生み出します。

IB-Mesは、工場内の新旧様々な設備や工程からデータを収集し、現場で起きている事象をリアルタイムで可視化、社内共有することによって製造効率の改善を支援します。
さらに、長期間の運用によって蓄積されたデータは、改善点の発見や、経験や勘に頼っていた曖昧な部分を「見える資産」として的確な分析・対策・改善に役立てることができます。

詳細を見る

この製品に関連するサービスメニュー

この記事に関連するオンライン展示会