購買管理とは? 購買管理の5原則と購買管理システムの機能一覧をご紹介

購買管理とは? 購買管理の5原則と購買管理システムの機能一覧をご紹介
企業の運用体制・経営体制を健全なものにするためには欠かすことのできない「購買管理」。必要な資材を適切なタイミングで適切な量を仕入れることで、無理の無い生産サイクルを回すことができます。この記事では、購買管理を実現するために必要な5つの原則や、購買プロセスを効率化する「購買管理システム」の機能についてご紹介します。

購買管理とは?

購買管理とは?

JIS規格によると、購買管理は「生産活動に当たって、外部からの適正な品質の資材を必要量だけ、必要な時期までに経済的に調達するための手段の体系」と定められています。つまり、購買業務に伴うプロセスの全般のことを指し、「必要な資材を必要なときに、必要な量だけ、できるだけ高品質で安価に」購入するための管理プロセスです。適切な購買管理を実現するには、これらの要素の優先度をバランス良く合理的にコントロールしなければいけません。

購買管理の5原則

適切な購買管理を行うためには、守るべき必要不可欠な基本原則があり「購買管理の5原則」と呼ばれています。

購買管理の5原則

適切な取引先の選定する

まずは適切な取引先を選定する必要があり、購入先の候補として挙がっている取引先の「与信管理」や調達ルートの確認を行います。与信管理とは、取引先の企業としての安心感に加え、いくらまで取引額を増やしても問題がないかという観点を取引先ごとに設定することを指します。

適切な品質を確保する

次に、求めている品質基準をクリアしている商品を選定します。この先に、購入を検討している取引先の品質管理体制を確認にしておくと良いでしょう。

適切な数量を決定して確保する

必要な量を必要な分だけ確保します。資材が足りなくなったとしても、反対に余剰が発生したとしても、どちらにもしてもその分は企業の利益低下に繋がるものです。在庫管理を軽視せずに必要なリソースをきちんと割くべきでしょう。

適切な納期を決定して確保する

全体的な生産計画に照らし合わせて、納期を設定します。計画に遅れが出ないように、ある程度の問題が発生した場合も想定した納期計画を立てる必要があります。

適切な価格を決定する

当然、少しでも安く仕入れることができればその分企業の利益に繋がるため、適切な価格で購入する必要があります。仕入れする製品やサービスが適正な価格かを慎重に見極め、購入を履行します。

購買プロセスを効率化する「購買管理システム」の機能一覧

購買プロセスに伴う業務(見積取得・発注処理・検収処理など)を管理し、効率化を実現するシステムが「購買管理システム」です。ここでは、購買管理システムに備わっている基本的な機能を8つご紹介します。

購買プロセスを効率化する「購買管理システム」の機能一覧

購買計画

購買計画とは、製品の生産計画に基づいて「どの企業から、どのくらいの量を、いくらで」購買するかを計画することで、購買管理システムはこのプロセスを可視化します。計画立案を作成する際に発生し得る入力ミスを減らすことができるのはもちろんのこと、PC上・クラウド上で社員間の共有をスムーズに行えます。

仕入先管理

仕入れする資材が直接材なのか間接材なのかによって仕入れ先も異なりますし、自社が生産する製品が多数ある場合はその分仕入れ先も増えることになります。システムを活用することで、多岐に渡る管理先の仕入れ履歴(いつ・何を・どのくらいの量を)を管理し、その情報を基に将来の購買予定を可視化することができます。

契約管理

契約管理機能は、文字通り仕入れ先との契約内容を管理するための機能です。システムによっては契約終了が近づいたタイミングで通知をしてくれるようなものもあります。

発注管理

仕入れ先に発注した発注情報を一元管理できるのが発注管理機能です。前述したように発注先は多岐に渡るケースがほとんどのため、システムを活用して管理することで猥雑な業務を楽にしてくれます。また、自社に届いた資材の確認・検品が行いやすくなるメリットもあります。

価格管理

製品の生産に必要な資材はもちろんのこと、事務用品のようなものも含めると、企業が運営を行う上で求められる仕入れの総額は相当のものとなります。そのため、個別の仕入れ額が適正か常に見極め、できれば少しでも安く仕入れることを求められます。価格管理機能では、これまでの仕入れ価格を一元管理できるため、新しい仕入れ先を探す際などの比較情報として役立ちます。

納期管理

納期管理機能を活用することで、発注から納品における現在のステータスを可視化することができます。発注した資材が納期までにきちんと届くかをリアルタイムで把握することができるため、仮に納期に遅れが生じる場合でも迅速な対応を講じることが可能です。

品質管理

届いた資材が、求めていた品質基準をクリアしてるか確認する必要があります。仮に品質が悪いものが混じっていた場合でも、個数・量や状態を正確に把握できれば、生産計画に影響する被害を最小限に留めることができます。また、システムを活用することで、品質基準を満たしていない仕入れ先を可視化することができるため、今後の購買計画に活かすことが可能です。

検収・支払管理

発注して届いた資材の研修情報を管理する機能が、検収・支払管理機能です。検収から支払いまでに必要な業務プロセスと現在のステータスを可視化できるのはもちろんのこと、検収・支払いが完了していない案件に対してアラートをしてくれるようなシステムもあります。

購買管理システムの選び方

購買管理システムの選び方

各社が提供している購買管理システムにはそれぞれ特徴があり、得意・不得意もあります。導入後に機能を十分に活用できないといったケースを避けるためにも、購買管理システムを選ぶ際のポイントとして以下を確認しておくと良いでしょう。

  • オンプレミス型かクラウド型か
  • 他の社内システムとの連携が可能か
  • 導入的を果たすための機能を搭載しているか
  • 自社の業態に近い導入実績があるか

さいごに

今回は、購買管理についてご紹介しました。適切な購買管理を実現するために必要不可欠な「購買管理の5原則」について、購買管理システムに搭載されている基本的な8つの機能について、そして、システムを選ぶ際に意識すべきポイントについて、それぞれご紹介しています。

evortでは、購買管理システムに関連するおすすめ製品を多数掲載していますので、ぜひ一度参考にしてみてください。

【購買管理システム】関連おすすめ製品

NEWJI株式会社

QCD調達購買管理クラウド|newji

製品画像

購買の全てを3秒以内に。

調達購買業務のすべての課題を「newji」が解決します!

newjiは、製造業の調達購買業務のすべての課題を解決するQCD調達管理クラウドです。
現在、β版で全ての機能を無償でご利用いただけます。
α版のリリース時期は現在未定ですが、2022年度内を予定しております。

このような課題はありませんか?
・欲しい情報に対するシステムがバラバラで探すまでに時間がかかる。
・仕様変更の履歴管理ができていない。
・見積の細かい査定が行えていない。
・業務の属人化。
・人手不足。
・日々の業務や緊急対応が多く、

本来やるべき原価低減や購買先の新規開拓ができていない。
など、他にも多くの課題が購買調達部門にはあります。

このような課題を解決すべく、調達購買業務を一元管理できるクラウドサービス「newji」を開発しました。

おばあちゃんでも使える直感的なシンプル操作、
欲しい情報が3秒で手に入る優れた検索機能も搭載。

調達購買QCD管理業務を一元管理できるため、システムをまたぐ必要はありません。
そろそろnewjiでQCDをまとめませんか?

詳細を見る

株式会社構造計画研究所

製造業のための見積り支援システムCPQ(コンフィグレーター)

製品画像

国内実績20年&シェア1位のCPQ(Configure/Price/Quote)誰でも・すぐに・正確な見積りを作成可能にすることで、見積りミスによる設計・製造手戻り解消、顧客接点の強化を実現します。

営業
「細かい仕様のことまで覚えていられない」
「また納期遅延で謝りにいかなきゃならない」
「この仕様で作れるって、設計が言ってたのに…」

設計
「営業が設計に必要な情報を聞き漏らす」
「営業が同じことを何回も聞いてくる」
「もっと、標準化して効率よく設計できたら良いのに…」

製造
「納期ぎりぎりで急いで作れって言われても…」
「見積や設計のミスのせいで作ったものが台無し」
「生産計画の立てようもない」
こうした悩みをお持ちの方へ、“Order CPQ“のご紹介です。

製造業向けCPQ “Order CPQ”は、
機種や仕様の種類が多く、製品ルールの複雑な、製造業のためのCPQです。
CPQとは、Configure/Price/Quoteの略で、
仕様を選定し(Configure)  価格を算出し(Price) 見積りを出す(Quote)
営業のためのソリューションです。

詳細を見る

株式会社クラステクノロジー

BOMソリューション

製品画像

DX時代を勝ち抜く生産管理システムは“BOM”が命!

経済産業省ものづくり白書2020(DXレポート)では、製造業のDX実現のためには「エンジニアリングチェーンの強化、『BOMの共通化』が重要」であると言及しています。
クラステクノロジーが提唱する統合化部品表は、創業当初より単一の統合化されたデータベースでBOMの機能を提供しています。サプライチェーンとエンジニアリングチェーンによる製造業活動すべての情報を統合的に一貫性のあるデータベースで管理することにより製造業のDXを力強く推進します。

詳細を見る

株式会社スカイシステム

生産・販売管理パッケージ「SMART」

製品画像

『中小企業向け』『Web型』『多言語・多通貨』生産・販売管理システム

「SMART]は、各企業様の個々の課題に寄り添い、共に成長する「生産・販売管理パッケージ」です。自社製品となりますので、お客様の個々の課題に対して、低価格で豊富なカスタマイズを実現しています。
ブラウザを利用したWebシステムになりますので、通信可能な場所であれば、使用したい時にいつでも利用することが可能です。その為、最近ではコロナの影響もありテレワークの為に導入したいとの引き合いも多く戴いております。

コストパフォーマンスの良いシステムをご提供する為に、オープンソースの利用や開発標準化などを実施し、低価格にご提供ができる様に努めています。また、日本国内だけでなく、海外のお客様にも対応ができる様、マルチ言語やマルチ通貨に対応したシステムをご提供しています。SMARTを導入することで見積受注~生産管理~売上出荷まで一連の流れを通して管理することが可能です。効果としては、現状で手作業で苦労している部分の省力化やデータの一元管理、属人化している業務の削減等に貢献します。機能としては、見積・受注・出荷売上・生産計画実績・発注仕入・外注・原価・在庫棚卸等の機能を備えています。

詳細を見る

株式会社アフォーダンス

中小製造業向け見積支援システム ESTman

製品画像

クラウド型の中小製造業向け見積支援システム

ESTmanは、中小製造業向け見積支援システムです。

製造業では、多くの部材を組み合わせて見積をおこなう積算見積作成が必要です。積算見積では製品によっては1000点を超える部材を利用します。高い精度が求められるため、複雑な製品になるほど経験や知識の豊富なベテラン社員が担当するケースが多く、作成ノウハウが属人化しがちです。担当者は日々の業務の中で見積作成に追われる状況になる上、ミスを防ぐ仕組みを構築しにくい課題があります。

ESTmanによって全社で見積作成フローを統一することで、複雑かつ煩雑な中小製造業の見積作成業務効率化と、精度の維持が可能になります。

詳細を見る

A1A株式会社

RFQクラウド

製品画像

見積もりが見える、分かる、コストが下がる

煩雑な調達の見積業務をクラウド上で一元管理。
「個人商店」だったバイヤー業務を見える化し、調達部門を組織として強くするサポートをします。

様々な書式の見積書、データの蓄積がされず分析できない環境、担当者により属人化していた業務など、今までのアナログで手間のかかっていた見積査定業務をクラウド上で一元管理。
見積査定プロセスの非効率をITで変える、それがRFQクラウドです。

詳細を見る

この記事に関連するオンライン展示会