メッキ加工処理とは? メッキ加工処理の方法・目的や関連おすすめ製品をご紹介

メッキ加工処理とは?  メッキ加工処理の方法・目的や関連おすすめ製品をご紹介

メッキ加工処理とは?

メッキ加工処理とは、対象物の材料を溶液に浸潰することで表面上に金属の皮膜を作り出す加工方法です。この表面加工技術を活用することで材質がもともと有する特性だけでは発揮できない機能を付与することができます。また、金属から非金属まで素材を選ばず加工を施すことができるまで、加工の幅が広く重宝されています。

日常生活の中でスプーン・フォークが色褪せているのを見たことがある人も多いかと思いますが、あれは加工処理が施されていたメッキが剥がれた状態です。

メッキ加工処理の目的

メッキ加工処理を施して材質に皮膜を作り出すことで、耐食性・熱特性・摩耗性等、材質がもともとは有していなかった機能を付与することができます。製品として売り出す基準をクリアするために加工処理を施すケースも多く、メッキを施すことで製品が丈夫で長持ちになります。

メッキ加工処理にによって付与される性質例

耐食性・熱特性・電気特性・摩耗性・装飾の強化

メッキ加工の種類

メッキ加工の方法は数多くの種類があります。ここでは代表的な加工種類として「装飾メッキ」「防錆メッキ」「機能メッキ」についてご紹介します。

装飾メッキ

材質の装飾を目的に施されるメッキ加工です。自動車の外装部品・スプーンやナイフ等の食器・アクセサリー等、装飾メッキにより光沢を与えられている製品は数多くあります。

防錆メッキ

耐食性をつけて、金属が錆びにくくなるように施す加工方法が防錆メッキです。金属はそのまま使用すると錆びやすいため、製品として活用するには耐食性が弱い材料であると言えます。そのため、防錆メッキを施すことで金属の膜を張って錆びの進行を抑え込みます。錆びという症状自体を無くすのではなく、あくまで進行を抑える効果を与えることにより、金属の寿命を延ばしてくれます。

機能メッキ

主に工業用途で用いられることが多く、材質にはない特性や機能を与えるためのメッキ加工です。求められる機能は各製品によって異なるため、用途別に様々な種類の機能メッキが異なります。

機能メッキの例

クロムニック・硬質クロムニッキ・ニッケルメッキ・無電解ニッケルメッキ・亜鉛メッキ・金メッキ・銀メッキ

メッキ加工処理のメリット・デメリット

メッキ加工処理と比較される加工方法として「装飾」などの表面処理方法が挙げられます。他の表面処理方法とメッキ加工処理を比較した際のメリット・デメリットをご紹介します。

メッキ加工処理のメリット
  • 皮膜の密着性の高さゆえ、表面が剥がれにくい
  • 塗料と比べて皮膜の強度が高く、痛みにくい
  • 金属との相性によって様々な機能を与えることができる
  • 金属が有する光沢や質感を強化できたり、容易に得ることができる
メッキ加工処理のデメリット
  • 前処理工程等の前作業が多く、その分工数がかかる
  • メッキ加工処理を施すための設備投資が求められる
  • 材料との相性により皮膜を施せないものもある

さいごに

今回はメッキ加工処理についてご紹介しました。メッキ加工処理の目的について、メッキ加工処理の代表的な種類として「装飾メッキ」「防錆メッキ」「機能メッキ」について、そして、メッキ加工処理と他の表面加工処理を比較したメリット・デメリットについてご紹介しています。

evortでは、メッキ加工に関連するおすすめ製品を掲載していますので、ぜひ一度参考にしてみてください。