株式会社パリティ・イノベーションズ

映像が空中に浮き上がる鏡 「パリティミラー ®」

次世代映像技術「空中映像・空中ディスプレイ」

映像が空中に浮き上がる鏡 「パリティミラー ®」
映像が空中に浮き上がる鏡 「パリティミラー ®」
映像が空中に浮き上がる鏡 「パリティミラー ®」
映像が空中に浮き上がる鏡 「パリティミラー ®」
映像が空中に浮き上がる鏡 「パリティミラー ®」
映像が空中に浮き上がる鏡 「パリティミラー ®」
映像が空中に浮き上がる鏡 「パリティミラー ®」
映像が空中に浮き上がる鏡 「パリティミラー ®」
映像が空中に浮き上がる鏡 「パリティミラー ®」
映像が空中に浮き上がる鏡 「パリティミラー ®」
光学素子「パリティミラー®」は、物体を空中に表示させるディスプレイシステムです。2枚の鏡を直角に組み合わせた2面コーナーリフレクタアレイ(Dihedral Corner Reflector Array: DCRA)構造を持っており、物体から出る光線を細かく分割し、幾何光学的にそれらを集めて「光の集合による実像」として空中に出現させます。

パリティミラーによる空中映像は、映像を見る距離や位置に関わらず、空中の同じ場所に表示されます。そのため、見る人はリアリティの高い存在感・臨場感を得られます。

パリティミラーは、2面コーナーリフレクタアレイと、投影する物体を入れる箱のみのシンプルな構造です。箱の中に物体を入れると、真上に空中映像が出現します。この映像とセンサーを組み合わせることで、「映像として投影されたボタンを押すと、実際のボタンが押される」など、映像に対する働きかけが現実と連動する仕組みを作ることが可能になります。

映像が空中に浮き上がる鏡 「パリティミラー ®」の詳細

特長

2面コーナーリフレクタアレイ構造による実像の空中投影

これまで、3D映像を見るにはメガネなどウェアラブルデバイスの装着が必要でしたが、パリティミラーは光の実像が空中に投影されるため、道具なしで利用することができます。複数の人が同時に楽しむことができ、デバイス不要のため活用範囲が広がります。

2面コーナーリフレクタアレイ構造による実像の空中投影

直接触れずに操作が可能なインターフェイスとして利用できる

SY-I50-EVKはSY-I50-SOM専用の評価環境であり開発プラットフォームとしても機能します。この評価キットを活用しシステムの機能要件に応じてキャリアボードをカスタマイズすることにより、開発作業と市場投入までの時間を最小限に抑えることが可能となります。また、簡易的に動作可能なリファレンスデザインが付属します。

直接触れずに操作が可能なインターフェイスとして利用できる

低コストで実用化が可能

本来、高額な製造コストがかかる光学素子製品の製造を、樹脂成形で実現。これにより、プラスチック樹脂による製造が可能となり、比較的安価に実用製品化できる見込みです。

低コストで実用化が可能

目への負担が少なく、疲労感がない

VRは、目の前にある物体(スクリーン)を見ていながら、脳は奥行きが感じられる仕組みのため、人間の目に大きな負荷がかかることが知られています。この原因と考えられている輻輳(ふくそう)矛盾が起きない仕組みのため、眼精疲労を引き起こさず利用することができます。

目への負担が少なく、疲労感がない

動画

用途例

空中スイッチ“AiR Switch”

センサーと連携して映像を操作できる仕組みを実現。医療現場など、衛生面が重要な環境で、非接触のスイッチとしての普及が想定されます。

空中スイッチ
空中タッチディスプレイ“AIR InteRacrive Display”

ディスプレイを空中に表示し、操作する仕組みを実現すると、ディスプレイの故障や盗難のリスクを無くすことが可能です。壁への設置も不要となるため、スピーディーかつ低コストに運用することもできます。

>空中タッチディスプレイ
販売促進ツールやイベント演出

歪みがない、鮮明な空中映像を出現させることで、体験のリアリティを高めます。プロジェクションマッピングと組み合わせることも可能です。ウェアラブルデバイスなしで、同時に多くの人に空中映像を見せることが可能になり、効率的な宣伝に繋がります。

販売促進ツールやイベント演出

導入事例

株式会社博報堂プロダクツ様

Touch it without Touching
“触れずに触れられる” エアー タッチパネル

新型コロナウイルス感染症が世界中に広がる中、 接触感染を防げるツ ルとして期待。

株式会社博報堂プロダクツ様
株式会社DTSWEST様

京都府立植物園における観光案内板の実証実験

株式会社村上開明堂様 株式会社村上開明堂様

よくあるご質問

どうして空中の映像にタッチできるのですか?
弊社の空中映像技術に加えて、カメラや赤外線センサーのセンシング技術を組み合わせることによって、空中に投影した映像に触れる体験を可能としております。
ミラーのサイズはいくつですか?
30cm角の1種類となります。
小さくカットしてお使いいただくことも可能です。
まずは試してみたいのですが、サンプルを購入することは可能ですか?
はい、サンプルがございます。
30cm角のミラー サンプル価格 50,000円(税別)
上記価格でご提供しております。

映像が空中に浮き上がる鏡 「パリティミラー ®」のサービスメニュー

映像が空中に浮き上がる鏡 「パリティミラー ®」資料

映像が空中に浮き上がる鏡 「パリティミラー ®」資料

次世代映像技術「空中映像・空中ディスプレイ」

何もない空中に映像浮き上がる次世代映像技術 「パリティミラー ®」について詳しい説明をしております。

資料ダウンロード

映像が空中に浮き上がる鏡 「パリティミラー ®」についてメールで質問・相談

映像が空中に浮き上がる鏡 「パリティミラー ®」についてメールで質問・相談

担当者へ直接質問や相談ができます。

「映像が空中に浮き上がる鏡 「パリティミラー ®」」について株式会社パリティ・イノベーションズの担当よりご回答させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

メール相談

株式会社パリティ・イノベーションズ

株式会社パリティ・イノベーションズ

SF・ファンタジー世界の表現が当たり前に存在する生活空間を作る

株式会社パリティ・イノベーションズは2010年12月に設立され、主に空中ディスプレイに関する光学部品/システムの企画・開発・設計および産業財産権の取得・ライセンス事業などを展開しています。

弊社は、ただ置くだけで空中映像を浮かび上がらせる新しい光学素子「パリティミラー®」を世界で初めて開発することに成功しました。パリティミラー®の量産化、大型化、さらにそれを用いた応用システムの試作などの様々な光学素子の実用研究/システム開発を行っています。

また、国内外で開催される展示会・見本市を通じて空中映像の応用・普及を促すとともに、今までにない画期的なディスプレイツールとしてパリティミラー®を用いた応用システムを開発し、その魅力を最大限に訴求しています。

出展団体情報

出展団体名株式会社パリティ・イノベーションズ
所在地619-0289 京都府 相楽郡精華町光台 3-5 NICTビル
設立年月2010年12月
従業員規模11名-50名
URLhttps://www.piq.co.jp/