ネジ締め工程をロボットで自動化するメリットとは?

ネジ締め工程をロボットで自動化するメリットとは?
ネジ締め機・ネジ締めロボットとは、従来、人が行なってきたネジ締め業務を代替することができる機械です。近年では、ハンディタイプに代わり、ロボットタイプの台頭が注視されています。この記事では、ネジ締めロボットのメリット、導入時の確認事項などを解説するとともに、おすすめネジ締め機・ネジ締めロボットの紹介をします。

ネジ締めの工程を自動化する「ネジ締め機」や「ネジ締めロボット」の台頭

ネジ締め機・ネジ締めロボットとは、従来人が行なってきたネジ締め業務を代替することができる機械です。これらを導入することによって、ネジ締めの工程が自動化・半自動化することができます。これまではハンディタイプのネジ締め機が人に代わる代替手法としては主流だったのが、近年ではロボットタイプのものも台頭してきています。

ハンディタイプであってもロボットタイプであっても、それぞれにメリット・デメリットがありますが、ロボットタイプの方がよりネジ締め工程の自動化に貢献できる特徴を持ちます。

ネジ締めロボットの仕組みとは?

ネジ締めロボットとは、ネジを供給する機器、ネジ締めを行う電動ドライバー、そしてその駆動を実現するロボット・コントローラーによって構成されているのが一般的です。ネジ締めロボットには多くの種類がありますが、直交座標ロボットや、二つのアームを有する双腕ネジ締めロボットや、駆動しやすい多関節のスカラロボットなどが用いられることが多いです。

ネジ締めロボットの主な種類

一般的にロボットをネジ締め工程に活用する際は、ロボットのアームの先端に電動ドライバーを取り付けます。そして、ロボットによる位置情報機能と電動ドライバーによるトルクコントロール機能によって正確なネジ締めを実現します。

ネジ締め機・ネジ締めロボットを導入するメリット

ネジ締め機・ネジ締めロボットを導入するメリットは数多くありますが、ここでは「精度の向上」・「自動化による生産量の増加」・「品質改善」の3つのメリットをご紹介します。

ネジ締め機・ネジ締めロボットを導入するメリット

締め付け精度の向上

ネジ締め業務の中でよく挙げられる課題感として、正確性とスピードの両立があります。つまり、作業効率を上げながらネジ締めの精度を保つということに課題を感じている製造現場が多いということです。そこで、ネジ締め機・ネジ締めロボットを導入することによって、ネジ締めトルクを精密に管理できるようになるため、ネジ締め精度の安定化を見込むことができます。

ネジ締め工程の自動化による生産量増加

また、トルクを一定に保てることによって、安定的な連続したネジ締めができるようになるため、ネジ締め工程を自動化することができ、結果的に全体の生産量の増加を見込むことができます。自動化のポイントは脱属人化にありますが、ネジ締め工程を機械に代替することで、精度の向上と生産量増加の両立を実現可能です。

センサーによる異常検知で品質改善

近年では、ネジ浮き・ネジ空転・ネジ穴つぶれ・ネジの詰まり・ネジ供給エラーなど、各種エラーを検知できる機能を有したロボットも多く、品質向上を期待することができます。

ネジ締めロボットを導入する際に意識するポイント

ネジ締め機・ネジ締めロボットを活用することで、ネジ締め工程にまつわる様々な課題点を解決することができます。

しかし、専門のネジ締め機を導入するのではなく、ロボットを導入する際は注意が必要です。というのも、ロボットの場合はカスタマイズをしてネジ締めの駆動を実現させるように構築するのが一般的なため、どのロボットが自社のネジ締め工程に適しているかをしっかりと見極める必要があるからです。多関節に特徴を持つロボットが良いのか、あるいは双腕タイプのロボットが良いのかなど、克服したい課題感とロボットの特徴がマッチしているかを必ず確認するようにしましょう。

この記事に関連するオンライン展示会