旭化成株式会社 ベンベルグ事業部

旭化成の再生セルロース

世界で唯一、銅アンモニア法で生産される再生セルロース

旭化成の再生セルロース
旭化成の再生セルロース
旭化成の再生セルロース
旭化成の再生セルロース
旭化成の再生セルロース
旭化成の再生セルロース
旭化成の再生セルロース
旭化成の再生セルロース
旭化成の再生セルロース
旭化成の再生セルロース
天然素材を再生した「再生セルロース」には様々な種類がありますが、旭化成の再生セルロースは、世界で唯一、銅アンモニア法という製法で作られています。綿実油の生産時に副産物として発生するコットンリンターを原料とし、1931年より生産を開始しました。

さまざまな形に加工が可能で、アパレル向け繊維「ベンベルグ®」、長繊維不織布「ベンリーゼ®」、医療向け除去フィルター「プラノバ®︎」など、幅広い分野で使われています。非晶領域が多いため、染料などの分子を吸尽しやすく、また化学修飾や機能性材料との複合がしやすいなど利点があります。

また、天然素材であるコットンリンターを100%原料として作られているため、生分解性があり、土に埋めると堆肥化します。サステナビリティという観点からも需要のある素材です。

メッセージ

私達は1931年より、銅アンモニア法で生産される再生セルロース繊維の製造・販売をしています。不織布や中空糸、微粒子といった様々な商品バリエーションを展開してきました。 このような賦形技術だけでなく、様々な機能付与ができる、世界で唯一、旭化成のみが生産している再生セルロースです。 その主な特長は以下の通りです。 ★吸尽性 ★生分解性 ・耐溶剤性 ・保湿性 ・低熱膨張率 ・耐熱~200℃程度 ★丸断面(繊維) ・繊維径約10μm ・高セルロース純度 この中から特に重要な特長(★)をご紹介いたします。

旭化成株式会社 ベンベルグ事業部

私達は1931年より、銅アンモニア法で生産される再生セルロース繊維の製造・販売をしています。不織布や中空糸、微粒子といった様々な商品バリエーションを展開してきました。 このような賦形技術だけでなく、様々な機能付与ができる、世界で唯一、旭化成のみが生産している再生セルロースです。 その主な特長は以下の通りです。 ★吸尽性 ★生分解性 ・耐溶剤性 ・保湿性 ・低熱膨張率 ・耐熱~200℃程度 ★丸断面(繊維) ・繊維径約10μm ・高セルロース純度 この中から特に重要な特長(★)をご紹介いたします。

旭化成の再生セルロースの詳細

3つの特長

吸尽性

非晶領域が多い為、分子の大きい染料や樹脂でも吸尽速度が速く、濃く浸透します。この構造を活かし、機能性材料(MOFやナノ粒子など)との複合化や、特定の分子との化学修飾も可能です。

再生セルロース長繊維(キュプラ)と比べた場合

丸い繊維断面

繊維断面が真円に近く、表面が他素材と比べてなめらかです。

丸い繊維断面

生分解性がある

セルロースからなるキュプラは様々な条件下で生分解します。また国際認証であるOK biodegradable 認証(OK compost INDUSTRIAL、OK compost HOME、OK biodegradable SOIL)を取得しています。

生分解性がある

※これらの認証は長繊維不織布ベンリーゼで取得しています。

用途例

メディカル用途

長繊維不織布によるピュアリティーの高さや、多孔膜・中空糸など様々な形状に加工できる特長を生かし、メディカル用途で幅広く活用されています。

(例)医療用ガーゼ、消毒用ウェットワイパー、止血材、創傷面被覆材、製薬プロセス用ウイルス除去膜、イムノクロマト診断発色剤など

メディカル用途
農業資材

生分解性を活かし、河川法面保護工事や緑化用資材として、また省力化用農業資材としても活用されています。

(例)植生工事用ネットや播種用シードテープなど

農業資材
工業・産業資材

高セルロース純度と耐溶剤性、吸尽性等を活かし、それぞれの業界にあった商品を提供しています。 (例)工業・産業用クリーンルームワイパー、吸着剤など

工業・産業資材

環境への取り組み

環境への取り組み

私達は製造過程において、環境に配慮した取り組みを続けています。

例えば延岡のベンベルグ工場では、産業廃棄物を出さない「ゼロ・エミッション化」に取り組んでおり、繊維くずは工場の発電に再利用するなどして徹底した結果、2016年度のゼロエミッション率は99.8%を達成しました。

同時に自社発電設備での水力発電・バイオマス発電などによる再生可能エネルギーも4割に上っており、今後も自社発電設備の能力増強を予定しています。

旭化成の社会貢献

旭化成は、グループ理念に「世界の人びとの “いのち”と“くらし”に貢献します」を掲げ、社会課題の解決への貢献を重ねています。

旭化成の社会貢献

社会貢献への取り組みの一例として、ベンベルグ®のインドでの活動をあげます。

ベンベルグ®は、サリーやデュパタなどの高級な民族衣装用繊維として、インドで40年以上親しまれています。ベンベルグ®の原料であるコットンリンターは、綿実油を生産するオイル工場から購入しています。

インドは世界有数の綿花の生産国でありながらコットンリンターを製造する設備を所有するオイル工場は少なく、また品質管理技術も十分ではありませんでした。

結果として綿実油には多くの不純物が含まれ、品質も劣り、また適切な設備があれば得られるはずの、コットンリンターや殻という貴重な副産物が活用されていないという状況でした。

そこでインドの複数のオイル工場に対して、旭化成からコットンリンターの製造に必要な設備や分析機器を無償貸与し、技術指導も行いました。

この取り組みを開始した2010年から2019年の間に、旭化成がインドから購入するコットンリンターの量は約3倍となっただけではなく、インドのオイル工場では純度の高い綿実油生産が可能となり、収益増と技術力向上に貢献しました。また同時にコットンリンターなどの販売という、新たな収入源の開拓にもつながりました。

さらに生地生産者への技術支援や、学生教育支援を行い、これらの活動が評価され、2016年からは国連開発計画(UNDP)が主導するビジネス行動要請(BCtA)に参加しました。

今後も旭化成のセルロースが展開する様々な業界において、それぞれに求められる社会貢献を行っていきます。

アパレル、医療に限らない!再生セルロースが秘める今後の可能性

アパレル、医療に限らない!再生セルロースが秘める今後の可能性

旭化成のセルロースは様々な製品に形を変え、人びとの“いのち”と“くらし”に貢献することで、発展してきました。今後も再生セルロースの新たな可能性を開拓し、より良い持続可能な社会につなげていきたいと思っています。

現在は、銅アンモニア法再生セルロースの特長を活かし、MOF(金属有機構造体)やナノ粒子との複合体、マイクロファイバーなどの研究開発を進めており、既存の商流・用途に捕らわれない、新たなニーズを模索しています。

副産物から生まれ、土に還る特長をもち、サステナビリティの観点からも需要が高い再生セルロースとして、これからもアパレルや医療など既存の領域に留まらず、さらに幅広い分野で、新たな製品はもちろん、新たな社会貢献の扉も開いていきます。

よくあるご質問

サンプル提供はございますか?
サンプルにつきましては、お手数ですが下記お問い合わせ先までご連絡ください。
bb5-pt@om.asahi-kasei.co.jp

旭化成の再生セルロースのサービスメニュー

旭化成の再生セルロースについてメールで質問・相談

旭化成の再生セルロースについてメールで質問・相談

担当者へ直接質問や相談ができます。

「旭化成の再生セルロース」について旭化成株式会社 ベンベルグ事業部の担当よりご回答させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

メール相談

旭化成株式会社 ベンベルグ事業部

旭化成株式会社 ベンベルグ事業部

Creating for Tomorrow

昨日まで世界になかったものを

出展団体情報

出展団体名旭化成株式会社 ベンベルグ事業部
所在地100-0006 東京都 千代田区有楽町 1丁目1番2号 日比谷三井タワー
設立年月1931年04月
URLhttps://www.asahi-kasei.com/jp/

旭化成の再生セルロースが出展中のオンライン展示会